[SNS]使い分けしてますか?

Pocket

『アントレラボ|ビジネスアカデミー』木曜担当の山田です^^

突然ですが、あなたはLINEはよく使いますか?

LINEというのは コミュニケーションアプリなのですが、私は誰とでもLINEで連絡を取るので本当になくてはならないものです。

それで、うちの60代の両親は、

父親⇒スマホ(全然使いこなせない;;)
母親⇒ガラケー

という感じで、とにかくインターネットや電子機器に弱かったんです。

前から母親には「スマホの方が便利だよ?」とは言っていたのですが、

「お母さんはガラケーでいいわ。電話とメールしか使わないし」

と、絶対買わないだろうなー という反応でした。

で・す・が!

兄夫婦に子供が生まれた途端、かわいい初孫の写真や動画を兄から送ってもらうために、母親は速攻でスマホを買いに走り、LINEが使えるようになりました(笑)

iPadも購入して、祖父母にひ孫の写真を見てもらってるそうですよ。

また、お嫁さんのFacenbookにアップされる孫の写真もチェックするために、Facebookも始めたみたいです。

孫パワーすごい!!! 

これからは、私の両親みたいに、50代、60代のネットに疎いと言われていた世代が、どんどんスマホやPCを使うようになるはずです。

今でこそソーシャルメディアの利用は10代-30代が多いですが、年齢の差がなくなる時代はすぐに来ると感じています。

・・・さて、それでは!

今日は 「“目的別”にやったほうがいいソーシャルメディア」について、お伝えしたいと思います^^ 

前回は、ソーシャルメメディア マーケティングを行う“目的”についてお伝えしました。

「何のためにFacebookやるのー?」というところです。

例をあげると、

・会社、自分自身のブランディング
・キャンペーン利用
・広報活動
・集客&リスト獲得
・顧客サポート

・・・などなど、ビジネスで活用する場合にはこのような効果を期待しているのではないかと思います。

それで、これらの“目的”を達成して良い結果を得るためには、それぞれのソーシャルメディアの特性を生かして活用していきます。

以下、目的別にまとめましたので参考にしてみてください。

ブランディング向きのソーシャルメディア

・Facebook
・Instagram
・Youtube
・ブログ

⇒ サービスや商品、あなた自身を視覚的にアピールすることができる。   

Twitterは匿名性が高いため、適正はやや落ちます。

集客(リスト獲得)・販促向きのソーシャルメディア

・Facebook
・Twitter
・LINE@
・ブログ

⇒ 情報の拡散性が高くリンクからWebやメルマガに誘導しやすいです。   

LINE@は実店舗にとってはスタンプカードやクーポンの提供ができるのが強み。

顧客サポート向きのソーシャルメディア

・Facebook
・Twitter

⇒ 総合的に見てコミュニケーションしやすい。   

※弊社ではFacebookページを講座やプログラムのサポートに導入しています。

このように、ソーシャルメディアの特性を見極めて、あなたの目的に合うものを選ぶと、SNSを効率的にビジネス利用できるようになりますよ。

複数のSNSを使っているのでしたら、「広告はFacebookで、宣伝活動はTwitterでやろう!」というように使い分けてみてくださいね。

『アントレラボ|ビジネスアカデミー』
山田 知佐枝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中