コンサル型で起業する前に知っておかないと失敗する鉄則5つ

tessoku

コンサル型起業をする前に知っておかないと、失敗する可能性がとても高くなる鉄則があることをあなたは知っていますか? この記事ではコンサル起業を必勝に導く5つの鉄則をご紹介していきます。5つの鉄則をしっかりマスターして、コンサル起業を成功させましょう! 

30秒でわかる、コンサル型で起業するメリット5つ

あなたが起業する理由はなんですか? 起業したいと思った理由はなんですか? 一番大事なことは、起業する理由を自分の中で明確にし、把握することです。

理由があなたの中で明らかなら、いつもブレずに仕事やビジネスチャンスを選ぶことができるからですね。次の5つは、起業することで得られる代表的なメリット。さまざまな起業家と話してみて、動機として多かった順にご紹介いたします。

1. 収入に上限がない
2. やりたいことがやれる
3. 働きたいだけ働ける、働く時間を短くもできる
4. 定年がない
5. 後世に事業や商品、組織など、”生きた証”を残せる

いかがでしょうか? あなたが起業する理由がハッキリしたなら、続きをご覧ください。
コンサル型起業で失敗する確率を7割下げることができる情報を、4つの記事と5つの鉄則から学べます。

・「自分の強みがわからない」を卒業!強みの多角的分析法と表現法
http://conlabo.jp/self-strength-876

・ポジショニング戦略こそマーケティングの根幹。まず定義と基礎を叩き込め!
http://conlabo.jp/positioning-markting-2823

・起業のアイデアがない人も起業を実現できる発想の転換と実践法
http://conlabo.jp/produce-1965

・コンサル型ビジネスで起業する人が特に陥りやすい3つの失敗
http://conlabo.jp/startup_failure-2006 

コンサル型起業の失敗を、
たったの5ステップで予防する鉄則

数ある起業の中でもオススメなのが、「コンサル型起業」。なぜなら、コンサル型起業であれば、リスクを最小限にして、「ゼロ」の状態から起業できるからです。たとえば、費用をかけず、資格や実績、人脈や設備などが「ゼロ」でも大丈夫。もちろん、MBA(経営学修士)などの学歴も必要ありません。

ぜひ、次にご紹介するたった5つの鉄則を学んでください。そして、しっかりと実践しましょう。そうすれば、あなたがたとえこれから起業を目指す人であっても、6ヶ月もあれば失敗の原因をあらかじめつぶしながら、軌道にのせることができるでしょう。

1.ポジショニングを決める

ポジショニングとは、業界でのあなたの立ち位置や位置づけのこと。マーケティングの神様といわれる、フィリップ・コトラー氏は、「なによりも重要なことはポジショニングである」と言っています。ポジショニングは、起業をする上でもっとも重要なポイントの1つなのです。

そして、ポジショニングでいちばん大切なことが、「しぼり込む」ということ。つまり、あなたの肩書や立ち位置を、あえて限定するということです。すると、あなたの商品を買ってくれるお客様(ターゲット)や市場に届けるメッセージもしぼり込まれてくるでしょう。

「しぼり込む」と聞くと、

「でも……しぼったら、アプローチできるお客さんの数が少なくなってお客さんがこなくなるんじゃ……」

と、不安になるかもしれませんね。とはいえ、安心して下さい。実は、ポジショニングをしぼり込むと、メッセージの影響力が増して、競合との差別化ができます。その結果、あなたの存在感がきわ立って、しぼりこむほど売上も上がるという、よい流れを生み出すことがでるのです。

たとえば、”マーケティングコンサルタント”というと競合が多すぎて、勝ち抜くのは難しそうですよね。しかしながら、”カウンセラーの独立に特化したマーケティングコンサルタント”という風にしぼり込むと、「これからカウンセラーとして独立したい」と考えている人に響くわけです。「ポジショニングをできるだけ具体的にしぼり込む」……ぜひ、考えてみてください。

2.商品をつくる

ポジショニングがある程度決まったら、次は商品づくりです。商品というと、目に見えるもの(DVDやCD、本、小冊子、ニュースレターなど)を思い浮かべがち。

とはいえ、コンサル型起業の商品はそれだけではありません。目に見えない商品も含め、思いつくだけでも10~20種類のカタチがあります。たとえば、個人セッション、グループセッション、ワークショップ、顧問契約、研修、会員制、セミナー、講演、診断、成果物、情報提供、代行、教材など、ですね。

商品づくりのポイントを1つだけお伝えすると……それは、”具体的にすること”。ポジショニングでもお伝えした、しぼり込むことと似ていますね。それだけ、具体性やしぼり込むことは重要だということです。

たとえば、「ダイエットについてのコンサルタント」よりも「21日間で5kg、健康的にヤセられるプログラムを提供します」といったほうが、お客さんは「やってみたいかも……」という気になりますよね?

「具体的に、具体的に……」という視点で商品づくりに取り組んで下さい。

3.マーケティングをマスターする

3つ目は、いよいよマーケティング。マーケティングとは、ひと言で言うなら、見込み客を集めて信頼関係をつくる活動のことです。そして、質のよい見込み客を集めるためには、次の3つの基本を意識して行動することが重要になってきます。

1. 誰に(ターゲット)
2. 何を(メッセージ)
3. どのように伝えるか?(媒体、メディア)

上記はポジショニングがしっかりできているからこそ、決まるというもの。特にコンサル型起業では、「誰に」「何を」伝えるかは、あなたが自分で作らなければいけません。誰も代わりにつくってはくれないのです。

ポジショニングやターゲット、メッセージづくりをさらにくわしく学びたい方はこちらからメール登録をして無料講座で学んで下さいね。”7万人”の先輩たちが学んできた、コンサル型起業で成功するための『すべて』がつまった講座ですので。

4.ビジネスモデルを理解する

4つ目からは、中級編になります。あなたのポジショニングが明確になり、誰に何を伝えたいか、どのような手段で伝えるかが明確になり、商品もできた……そして、ある程度の売上も達成できた……。

そんなあなたには、次のステージがあります。それは、「ねらったとおりに売り上げる」、「売上をあげる仕組みができている」というステージ。

このステージへとあなたを押し上げてくれるのが、「ビジネスモデル」です。ビジネスモデルには、さまざまな定義があります。ここでは、分かりやすい定義を1つお伝えします。

それは、『ABCモデル』

A・・・Attraction(惹きつける):いかに集客をするか
B・・・Benefit(価値):いかにお客様に価値を与えられるか
C・・・Charge(課金):どこでお客様からお金をいただくか

たとえば、クレジットカードはわかりやすい例ですね。クレジットカードのビジネスモデルをABCモデルに当てはめてみると、

A(集客)・・・クレジットカード会社がカードをつかう会員を集める
B(価値)・・・カードをつかう人が現金をもたずに後払いで買い物ができる。カードに
特典がつく。
    お店にとっては、クレジットカードがつかえることでお客様が買い物しやすくな
り、集金の手間も省ける。
C(課金)・・・クレジットカードをつかう会社から、クレジットカード利用の手数料と
して課金している

その他にも、さまざまなビジネスモデルがあります。そして、頭のよい起業家ほど、ビジ
ネスモデルを重要視しますよね。ビジネスモデルについてさらにくわしく学びたい方は、
こちらの無料講座に登録して深めてくださいね。

5.プロモーションで売り上げる

最後にお伝えするのは、あなたがさらに大きな売上を上げていくための手法。それが、プロモーションです。たとえば、プロダクトローンチやWebinar(Web+セミナー)などは代表的な例ですよね。

プロモーションを成功させれば、

起業塾の販売でで2億4000万円を達成したり、35時間で1億4600万円の受注をとったり、24時間で9800円の会員制コミュニティに430名が申し込んだり……といった、短い時間で爆発的な売上を作ることができます。

プロモーションの代表的な方法である、「プロダクトローンチ」は次の3つの段階にわか
れています。

1. 見込み客を大量に集める
2. 役立つコンテンツを提供する&ニーズを探る
3. ニーズに応えるプログラムを提供する

いかがでしょうか? プロモーションはもちろん、コンサル型起業で確実に成果を上げた
い方は、こちらをクリックしてください。

全12本の動画、15通のメール、各種特典で学び、コンサル型起業で成功する具体的な方法
を身につけることができます。

のべ3万人の起業家を育ててきた講師が、1年で6割も倒産する起業の世界で、失敗しない
4割の勝ち組になるための確実な方法を、無料で教えてくれます。