読書嫌いの方に朗報です。

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
中村です。

あなたは『ジャケ買い』
という言葉をご存知でしょうか?

ジャケ買いというのは、
CDなどの内容を知らない状態なのに、
デザインが気になって
買ってしまうことです。

このジャケ買いですが、
私はよくしてしまいます…。

そして実際にCDを聴いてみたら
ガッカリなんて事も多いです。

でも自分が好きそうな雰囲気の
CDジャケットを見かけると、
つい買ってしまうんですよ…。

あなたにも、CDに限らず
そういった経験はありませんか?

よく聞くのは、

本のタイトルが気になって、
つい買ってしまった。

という話です。

…もちろん私にも
経験がありますよ(笑)

「中村くん、君の話ばかりだけど、
 件名にあるけど今日のテーマは
 読書じゃないの?」

なんて突っ込みが入りそうですので、
本題に移っていきましょう(笑)

さて、今日のメルマガでは、
冒頭のお話のように、
本を『ジャケ(タイトル)買い』
してしまった。

そんな時に、
どの様な点に気をつけて
読書するべきかお伝えしていきます。

本の主題だけを読む。

まずは目次を先に読んで、
この本で学べることは何か?

という部分を見つけて、
そこだけを読むということです。

なんとなく気になった本の場合、
初めから何を学ぼうかは
決まっていませんよね?

そこで、

「とりあえず読んでみるか…。」

と読み始めてしまうと、
ある程度読み進めた後で、

「何も得られなかった…。」

という、学びが無く、
時間も無駄にするという
最悪の事態に陥る可能性があります。

ですので、
まずは目次を読む。

そして、気になった部分、
重要そうな部分だけを
読んでみましょう。

そうすることで、
大きな労力と時間をかけずに、

『この本を読み続けるべきかどうか?』

という判断をくだせるのです。

さて、あなたは
『80対20の法則』
をご存知でしょうか?

簡単に説明すると、

・利益の80%を
 20%の社員が稼いでいる

・売り上げの80%を
 20%の商品が売り上げている

・仕事の成果の80%は、
 かけた時間の20%から生まれる

といったような、
結果の約80%は約20%の原因から
生まれているという経験則の事です。

これを本の内容に当てはめると、
全体の20%が本の主題であり、
残りの80%に関しては
主題を補強する部分だと
考えられますよね。

また、
例え最初から最後まで
数日かけて読んだとしても、
全部を完璧に覚えていられません。

だったら、
重要な情報だけを読んで、
すぐに行動に移すほうが
あなたのビジネスにとっては
絶対にプラスでしょう。

ちなみにここで重要なのは、

『本を全部読まない。』
^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということです。

単純な話ではありますが、
読むべきページ数が減れば
読書にかかる時間も、
比例して減っていきます。

また、
重要な情報だけが手に入りますので、
その分、濃いインプットが
できるようになります。

濃いインプットを
素早くアウトプットする事で、
知識の定着とあなたのビジネスに
より良い影響を与えてくれるでしょう。

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

(株)コンサルタントラボラトリー
中村純

PS.

今日の記事、、、

なんか違和感がありませんでしたか?

あなたがもしも何かを感じたなら…、
来週の僕からのメールを
楽しみにしていてください。

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中