ちょっとだけ、アレしてね

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの山田です^^

実は、弊社コンラボでは、新人さんは全員コピーライティングの研修を受けています。コピーのスキルがあると コンラボでは即戦力ですからね!

それで、私は新人さんの書いたメルマガの添削をしているのですが、最初の頃は、よくこんなふうに指摘していました。

「うーん・・・悪くはないけど、これって読者さんにとって価値ある内容かなー?」

我ながらえらそうですが(笑)いちばん多く指摘したのは読者さんへの価値提供についてです。

例えば、「YouTubeはブランドチャンネルにした方がいい」というノウハウがあるとします。いつもEBAを読んでくれているあなたはお分かりかと思いますが、今週の室松くんのメルマガです(笑)
→ 【YouTube】頑張って損してませんか?

それで、もしこのメルマガがブランドチャンネルとは?という説明だけだったとすると、「フーン、いいこと聞いたわ」だけで終わっちゃいますよね。

この新情報というのは価値のベースにはなるので、間違いではないんですよ。ただ、これだけだと、興味を引くことはできても、ファンになってもらうには弱いんです。

では、どんな価値を提供すれば読者さんがファンになってくれるか?というと、まずはこの3つを意識してみてください!

★行動が変化する
★視点が変化する
★感情が変化する

・・・感情を変化させるのはストーリーが強力です。そして、視点が変化するというのは、パラダイムシフトのことですね。「YouTubeって使わないと損だな!」と思ってもらったり「Facebook集客、本腰入れてやろう!」とか、今までと違う考え方をしてくれたら最高です。

そして、この中で一番の価値は、「行動が変化する」というところです。

どんな小さなことでも、行動を起こせばそれに対して結果が出ます。例えば、先ほど例に出した室松くんのメルマガには「ブランドチャンネルの開設方法」の動画がついています。

これを見てチャンネルを開設した人は、動画が拡散するようになって、とりあえず何かしら結果が出ますよね。それが売り上げにつながるようないい結果だとしたら、おそらくこの人は、室松くんのファンになります(笑)

このように、結果に結びつくような「ちょっとした行動をしてもらう」ことを意識すれば、あなたのファンはどんどん増えます。

ぜひ、あなたもメルマガを書く時には「読者さんにちょっとした行動をしてもらう」というのを考えてみてくださいね!

それでは!

(株)コンサルタントラボラトリー
山田 知佐枝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中