「売りやすい」商品の形とは?

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

「ビジネスとは、
つまり『モノを売る』こと」

「全ての行動は
『売上』にフォーカスされて
いなくてはならない」

先日のコンラボ社内のミニ研修で、
代表の北野が強調していた部分です。

そして、売上を立てるためには、
「売るもの=商品」が絶対に必要。

なので、私たちコンラボが
提唱する『7つの起業戦略』の中でも、
「第2の戦略:商品戦略」が
特に重要となるのです。

リストビルディングも
もちろんとても重要なのですが、
いくら見込み客を集めても、
「売る商品」がなければ
売上の立てようがないですからね…

◆コーチ・コンサル型の「商品」とは

あなたや私たちのような、
コーチ・コンサル型ビジネスで
提供する商品といえば、まずは
「1対1の対面セッション」
からスタートする人が多いと思います。

ただ、セッションを
「1回いくら」で受注していると
単価が安くなりがちだし、
集客して数をこなすのも大変です。

それに、ただ「セッション」と言っても、
目に見えないものなので、
お客様からすると「分かりづらい」。

つまり、そのままだと
「売りづらい」し「手残りが少ない」
状態なわけです。

◆目に見えない商品を売るためには?

この状態を避けるためには、
“2つのポイント”を押さえた商品を
用意する必要があります。

順に見ていきましょう。

—————————–
1.パッケージ化
—————————–

目に見えなくて売りづらいなら、
見える形にしてしまえばいいのです。

たとえば、
「対面セッション1回◎円」ではなく、

「あなたのビジネス戦略を決定する、
月2回×3ヶ月コーチングコース」

のようにパッケージ化すれば、
顧客にとっての価値が
見えやすくなります。

少し慣れてきたら、
一度に多人数を相手にする
セミナーや講座などもおすすめです。

—————————–
2.高単価・高付加価値
—————————–

単価が安いと、数を集めなければ
売上がおぼつかない。

でも、数を集めるのは大変だし、
その数をこなすのもまた大変…

だから、
「なにはともあれ『高単価』」
なんですね。

値上げが怖いと感じている方は
本当に多いのですが、
実は高額商品を販売した方が
意識の高い「いいお客様」が集まり、
結果が出やすいという傾向があります。

それに、単価を上げれば、
集客する人数も費やす時間も
減らすことができるので、
ビジネスが格段に楽になります。

いいことづくめなのです。

ただ、話を聞いていて
あなたも感じたかもしれませんが…

ただ値上げしても売れません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

高単価で商品を販売するには、
お客様が高単価に納得できるような
「高付加価値」のある、
いわゆる「売れる商品」である
必要があるのです。

「それができれば苦労しないよ…」

と思われたかもしれませんので、
明日は、

=======================
売れる商品が持っている
『ある要素』とは?
=======================

こちらを突っ込んで
書いていきたいと思います!

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中