ヒット商品は誰でも作れる!

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの長嶋です。

本日のテーマは「ヒット商品の作り方」についてです。

デザイナーになってまだ間もない頃、先輩方に、「デザインのスキルを上げる方法」をたくさん学びました。

学んだ中のひとつに、普段の生活の中で目にする書籍や、電車の中刷り広告や、駅に貼ってあるポスターなどを常に観察して、写メしたり、メモしたりしてストックしておき、いざ自分がデザインを考える際の参考にする。というのがありました。

さらに、参考にするデザインは自分の持っているスキルを基準に「自分にも出来そうなデザイン」を選ぶのではなく、逆に、今の自分のスキルでは「参考にするにはレベルが高いもの」を基準に選びなさい、と。

そうやって常に今の自分を越える努力をしてスキルを上げていけば、デザインの引き出しも増えるし、面白いデザインも作れるようになる、と、そんなことを教わりました。

それで、この考え方は、例えば、あなたの商品を作るときにも非常に役立つと思います。

商品を作る時に自分の今持っている

・知識
・経験
・スキル

を基準に、その範囲の中だけで、商品を作ろうとすると、新しさを感じるような、インパクトのある商品にはならず、どこにでもある「普通の商品」になりがちです。

弊社代表の北野はヒット商品を作るポイントは、【アイディアに自分を合わせる】と言っています。

つまり、今の自分のスキルに合わせて出来るか、出来ないかで商品を考えるのではなく、「こんな商品があったら売れるだろうな」「こんな商品を作りたいな」というアイディアを、自分に出来る、出来ないは無視して考え、なんとかそのアイディアをカタチにして商品化できないかを模索してみる。

もし、そのアイディアを自分のスキルではカタチに出来ないなら、出来る人を探してパートナーを組んでやるという方法もアリだと思います。

売れる商品が思うように作れない、商品ラインナップが増えない、というお悩みをお持ちの方は、是非、この考え方も参考にしてみてください。

(株)コンサルタントラボラトリー
長嶋一輝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中