“書かずに”成約率を上げる方法

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
中村です。

「もっと多くの人に商品を買って欲しい。」
「もっとたくさんのアドレスを集めたい。」

こんな風に感じているあなたなら、
『成約率』という言葉は
きっとご存知だと思います。

例えば、、、

セールスレターを見た人のうち、
商品を買ってくれた人数の割合が
商品購入の成約率。

アドレス登録ページを見た人のうち、
アドレスを登録してくれた人数の割合が
アドレス登録の成約率。

…という話ですね。

つまり、より多く商品を売るとか、
たくさん見込み客を集めるためには、
『成約率』というのは切っても切れない
超重要な指標になるわけですね。

で、一般的にはこの成約率を
上げるための方法として、
『コピーライティング』のスキルが
重要だとされています。

でも、今日はコピーではない、
ページの成約率を上げる方法を
お伝えしようと思っています。

■“書かずに”成約率を上げる方法

結論から言いますけども、
書かずに成約率を上げる方法は
“ページ表示速度を上げる”というものです。

多くの書籍とかではLPやレターの
“書き方”は語っているんですけど、
表示速度については、ほとんど
書かれていません。

なんですけど、、、

実はコピーやデザイン以上に、
成約率に影響してくるのが、
この“表示速度”なんですよね。

例えば、こんなデータがあります。

================
ページの表示に3秒以上かかると
40%以上のユーザーは離脱する
================
https://blog.kissmetrics.com/loading-time/?wide=1
※リンク先は英語です。

つまり、100人が表示まで3秒以上
かかるページにアクセスしたら、
その内少なくとも40人は、ページが
表示される前にいなくなる、と。

つまり、今回僕たちが使ったLPは、
それだけ内容を見られる前に、
離脱していた人がいるわけです…。

他にも、、、、

================
パフォーマンスに不満を持った
79%がサイトを再び利用しない
================

僕たちはLP案内を何度か送りますが、
不満を持った人の内、約8割の人は、
「もういいよ」と思ってしまって、
再訪してくれないわけです。

================
ウェブサイトにおいて52%が
表示速度が重要だとしている
================

つまり、遅いページは嫌われる、と。

僕も遅いページは嫌いです。

そして、極めつけは、、、

================
1秒のレスポンスの遅さが
コンバージョンを7%も減少させる
================

まとめると、表示速度は、
『速ければ速いほど良い』って
ことです。

もちろん、表示速度が速くても、
コピーがダメなら意味はないですが、
表示速度がダメなら、
他の要素は全て台無しになります。

さて、ではあなたのページの
表示速度はどうでしょうか?

まず、ここにページの表示速度を
計測する方法がまとまっているので、
表示速度をチェックしてみてください。
http://qiita.com/makoto_kw/items/cd493a2946448e40e3c7

で、改善が必要であったら、
この方法を参考にしてみましょう。
http://jb-labo.com/speed-up-your-website/

めちゃめちゃ細かい話なんですが、
こういった積み重ねが大きな成果に
繋がるのがマーケティングです。

コツコツやっていきましょう!

(株)コンサルタントラボラトリー
中村純

 

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中