デザインも●●が大事!

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリー金曜担当の額(がく)です。

先週のメルマガでは、「商品の特徴やターゲットとズレたデザインは 見込み客の誤解の元になる」という話をしました。

詳細はこちらから
もう、紛らわしい!(怒)

本筋と関係ないところで無駄に怒りを買うのも損なので、イメージはしっかりと 合わせていきたいですね。

それで、今回は、「どうやって合わせればいいの?」という方法について、具体的に お話していきたいと思います!

見るべき場所は・・・

ここでは、バナーを一つ作る想定で進めます。お題は、たまたま郵便受けに スティングされていた「極上のくつろぎ空間をあなたに」というキャッチコピーの高級系女性向けエステサロンです。

今回のキーワードは、

・エステサロン
・女性向け
・高級感
・居心地の良さ推し

細かく作り込む目的ではないので、こんなところでしょうか。

では、さっそくデザインに ”ズレ”を出さないよう、方向を合わせに行きましょう。弊社では、商品開発やコピーライティングなど様々なことについて【リサーチが超大事】とお伝えしていますが、これはデザインでも同じです。

そしてデザインの手っ取り早いリサーチ方法は、デザインを幅広くまとめたギャラリーサイトで、同じ業界や作りたい色のバナーをざーっと眺める、ズバリこれです!

今回はバナーを取り上げたので、バナーデザインのギャラリーを覗いてみましょう。

参考にさせていただくギャラリーサイトはこちら。

バナーまとめ。|Banner Matome
⇒ http://bannermatome.com/

大体のギャラリーサイトは、サイズ、色、業種、テイストなどで絞込が可能になっています。

どの要素を使っても良いのですが、今回は「エステバナー」のカテゴリに進んでみましょう。

エステ系バナーが ずらずらっと出てきました。

一口にエステといっても、色々あるのが分かりますね。ここからイメージに近そうな、ピンとくるものを片っ端からピックアップします。

たとえば今回ならこんなかんじ。 

なんとなく傾向が見えてきますね。

こうやってまとめてみると、

・色は金、ベージュ、濃赤か黒
・フォントは太すぎない明朝系
・要素を詰め込まない方が良さそう
・グラデーションあるといいかも

という方向性で作ろうかな、と結論づけることができそうです。

と、やり方はシンプルなのですが、一つコツを挙げるなら「たくさんピックアップする」ことでしょうか。 1点ないし数点だと、どうしても選んだ特定のものに似てしまいます。

パクリ、ダメ、ゼッタイ。

なので、たくさん選んで(数はお好みですが)共通項を探す形がいいと思います。

今回はバナーを取り上げましたが、ウェブサイトでもアプリでもランディングページでもギャラリーはたくさんあります。

「●● デザイン まとめ」 とかでググるとたくさん出ますので、ぜひ参考にしてみてください!

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中