【事例】その悩み、今スグ解消できます

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
長嶋です。

ここ最近の私のメルマガでは
『ビジネスアイディア』を
テーマに書いています。

それで、

前回のメルマガでは、

「何で」起業するかという
いわゆるビジネスアイディアの他に、

「いつ、どこで、誰から」
お金を頂くかの
「課金モデル」とも言われる
『ビジネスモデル』、

競合、ライバルにはない
自社だけにあるサービスや機能の
『付加価値』

この3つのアイディアを
考えることが、

ライバルや競合と差別化された
『ビジネスアイディア』を作る上で
欠かせない、

ということをお伝えしました。

前回のメルマガ
↓↓
差別化アイディア構築法
https://conlabo.jp/tips/business/4716/

それで、今日は
「ビジネスモデル」について
お話していきますね。

『ビジネスモデル』とは
先述したように
いわゆる『課金のモデル』
です。

例えば、、、

あなたも1枚は持っていると
思いますが、
クレジットカード会社の
ビジネスモデルは、

カード利用者である我々からは
年会費も利用手数料も取らず、
(カード会社によっては年会費
を取るとこもあります)

決済を行うお店側から
手数料を払ってもらう
というビジネスモデルです。

ちなみに、

クレジット会社とお店の間で
交わされる手数料ですが、
業種によって異なります。

飲食店:約5%
小売店:約4%
デパート:約2%
コンビニ:約1%

夜の水商売系のお店だと
10%もの手数料を店側が負担している
ところもあります。

店側としては、
現金以外の清算方法を取ることで、
・所持金が少ない人にも販売できる
・釣り銭が不要になる
・余計な買い物をしてもらえる(笑)

など、顧客サービスにつながり
集客や売上の悩みの解消にもなります。

もうひとつビジネスモデル例として、

弁護士・法律事務所の
ポータルサイトの
「弁護士ドットコム」のモデルです。

無料で法律相談ができる
このサイトの主な収益源は
弁護士側からの広告掲載費ですが、

ユーザーが有料会員になると、
モバイル端末からQ&Aの過去ログが
見れたり、
他人のQ&Aの回答を
見ることができます。

Q&Aの相談内容は相続、離婚など
緊急性を要している相談が多く、

すぐにでも答えが欲しいユーザーを
有料課金へ登録させるという流れが
上手くできています。

モバイル端末から見れるというのは、
家族と共有する可能性があるPCと
比べて、
秘匿性が高いため相性が良いと
いうこともあって
有料会員数(月額300円)は
5万人を超えています。

2つの事例から

「今すぐに、お金を払ってでも」
解消したいと思っている
お客様の悩みや痛みを、

あなたのサービスや
商品を利用することで
「解消できる」ということを
提示し理解してもらえれば、

お客様に有料のサービスを
利用していただける確率も
上がります。

ビジネスモデルを考える際の
参考にしてみてください。

(株)コンサルタントラボラトリー
長嶋一輝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中