【マーケティング】そもそも・・・じゃない?

Pocket

山田です^^

今日のメルマガも
マーケティング戦略について
お話していきますね!

昨日は、
マーケティングファネル
(パーチェスファネル)について
お伝えしました。

この下の図です。

見込み客の方が、
最終的にバックエンドの商品を
購入してくれるように、
流れを考えていくことが重要でしたね。

それで、よくある間違いがあるので、
一つ例を出してみますね。

——————————-

コーチングで独立したAさんは、
セッションを1回5,000円で
提供しています。

それで、週5×1日3回セッションをして、
月30万円を稼ぐことができました。

「忙しいわりに売り上げが少ない(泣)
もっとセッション数を増やすべき?」

——————————-

・・・Aさんの間違いに気付けましたか?

このAさんの間違えというのは、

「バックエンドの商品がない」

というところです。

フロントエンドの商品は、
本来、低価格で提供するかわりに
自分のサービスを知ってもらう
ことが目的にあるので、

Aさんのように利益を出そうするのは、
本来の目的とズレてしまうんですよね。

ここで、バックエンドの商品があれば、
Aさんの5,000円のセッションを受けて、

「すごくよかったです!また受けたい!」

と言ってくれたお客様に、

「実は10回コーチング+これだけの
特典がついたプログラムがありますよ。
価格は30万円です」

といった案内ができます。

実は、売り上げで悩んでいる方で多いのが、

「そもそもバックエンドの商品がない」

という、根本的なところが
原因だったりするんですよね^^;

逆にこのような方は、
バックエンドの商品さえあれば
すぐに売り上げが上がったりするので、
受講生さんにいると成果が早いです(笑)

また、バックエンドの商品がある方でも、
パーチェスファネルの各領域で
見ていくと、

「そもそも・・・じゃない?」

という、細かなマーケティング以前の
問題だった!ということは
多々あります。

「そもそもフロントの商品があること 
 をお客様は知ってますか?」
→ メルマガやブログを毎日書くなど、
  認知を増やしていくといいですね。

「そもそもリスト集めしてますか?」
→ ブログやFacebook、LINE@など
  全部にメルマガ登録フォームの
  リンクをつけてますか?

「そもそもフロントエンドの商品だけ
 で満足させてませんか?」
→ お試しはあくまでお試しです!

「そもそもその商品は
 お客様がほしいものですか?」
→ アンケートでお悩みを集めて
  みてください^^

・・・など、
そもそも言いすぎて
何だか分からなくなっちゃいましたが(笑)

ビジネスの悩みの原因を探る時は、

「そもそも・・・じゃない?」

を問いかけてみてくださいね!

それでは!

株式会社コンサルタントラボラトリー
山田知佐枝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中