「カット野菜」は実はとっても新鮮なんです

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
長嶋です。

 

コンビニやスーパーによく置いてある
「カット野菜」。

我々、消費者側からすると
切る手間が省けますし、
皮などの生ゴミも出ないため、

面倒くさがりの私は
よくカット野菜を買うのですが、

いつも思っていたのが、
生産者側は消費者側とは逆で、
わざわざカットして袋詰めするのは
面倒くさいだろうなと思っていました。

全て機械でやっているのだろうけど、
検品などは一袋一袋人間がやっているだろうし、

カットしたり、
袋詰めするための機械を入れれば
維持費なども相当かかるのだろうな、と
思っていました。

さらに、手間やお金をかけているにも関わらず、
巷では、

「カット野菜はカットされていることで、
鮮度や栄養価も落ちているから、
普通の野菜のほうがいい」

などと言われています。

ところが、

ちょっと前に読んだ
ある本のなかで、
農業組合法人の代表という方の
こんな話が紹介されていました。

────────────────────────────

実は、生産者にとってもカット野菜は
ありがたいものなのです。

例えば、ごぼうでも先が細いものは商品にならず、
泣く泣く廃棄していたのですが、
カット野菜にすれば先の方の細い部分も商品になる。

生産者にしてみればロスが減るのが
カット野菜だったのです。
また、流通網にとっても長いままのごぼうよりも、
パック詰めになったものの方が
運びやすいのです。

さらに、

カット野菜は菌数管理もされていて、
汚染した水で洗うこともありません。

日付を選んで買えば、
家庭の冷蔵庫に長く置いてあった野菜よりも、
はるかに新鮮です。

カット野菜は、
消費者、生産者、流通業者にとって
「三方よし」の商品なのです。

────────────────────────────

形が悪い野菜はスーパーも仕入れをしてくれず、
農家にとって悩みの種だったそうですが、

カット野菜であれば、
そういう野菜でも十分「商品」になるから、
ロスが少なくなるそうです。

 

「新しいことをやる」ためには、
斬新なアイディアが無ければダメだ、と
思いがちですが、

「誰もが面倒くさいと思うことを、
進んで踏み込んでみる」だけで、
他と「差別化」できるものなんだと思います。

 

「そんなことやってもコストがかかるだけ」とか、
「どうせその人たちは興味を持ってくれないよ」と
決めつけてしまいがちですが、

ほんのすこし「ずらしてみる」だけで、
違う景色がみえてくることは、
少なからずありそうな気がします。

 

参考にしてみてください。

(株)コンサルタントラボラトリー
長嶋一輝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中