飛び去った前歯とコピー

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
中村です。

先日、コンラボのメンバーは、
南国の国『パラオ』に
スタッフ旅行で行って来ました。

ネットが繋がらない環境だったので、
ある意味では仕事から切り離されて
かなり休まる時間でした。

初日は「シーカヤック」からの
地元の郷土料理の店に行き…。

翌日はパラオの島々をめぐる
船の旅へ…。

悠々自適な旅を満喫して、
身も心も休まる時間を過ごす、、、

そのはずでした…。

でも、2日目の船の旅の後半、
ある事件が起きます…。

僕は今、審美歯科に通っていて、
前歯には仮歯が入っています。

僕は高校の時にサッカー部でして、
その時にボールがぶつかったアレで、
前歯が欠けていました。

なので、そのあたりも治そうと思い、
キレイにするために審美歯科に通って
治療を受けてる最中だったんですね。

で、前歯ってよく使うので、
差し歯を入れても抜けやすいわけです。

それでね…。

ミルキーウェイっていう、
パラオの乳白色の海があるんですね。

そこにダイブしてプカプカ浮いてる時、
周りの人と話している時に
急に前歯(差し歯)が抜けまして、
そのまま海に沈んだわけです…。

乳白色の海なので、
前歯は海に浸かった瞬間に
視界から消えましたね。

一瞬で。

で、まあそこからは大変ですよ。

もちろん歯医者もなければ、
すぐに入れられる差し歯もないので、
日本に帰るまでの約2日間を
前歯が無い状態で過ごしたわけです。

すると、普段はなんの障害もなく
食べられるモノも噛み切れないので
うまく食えないんですよ…。

たぶんあなたは経験したことが
これまでにないと思いますが、、、

前歯がないだけで生活の多くが
めちゃめちゃ不自由になるんです。

飯がうまく食べれないのはもちろん、
『さ行』がうまく言えなくなるので…

「おはようございまふ」

的な発音になるんです。

いや、、、これは辛いですよ…。

ほんと思いました。

前歯っていう人間の体からしたら、
ほんの一部分が欠けるだけで
色んな不具合が出るわけですよね。

たったの前歯が無いだけで、
飯も美味しくないし、
喋るのも苦痛になる。

たった1つのパーツが
欠けただけなんですよ…?

でも、よく考えてみたら、
僕たちが仕事にしている
コピーやマーケティングも
同じことが言えますよね。

例えば、、、

どんなに良い商品を持っていても、
それを表現するコピーが書けなければ、
その商品の良さは伝わらない…。

どんなに良いコピーを書けても、
商品自体が魅力を持ってなければ
商品が売れることはない…。

そう、、、。

例えば、コピーが優れてても
どこか欠けている部分があれば
その商品は売れません。

商品が優れていても、
コピーが悪ければ売れません。

つまり、必要な要素が満たされて
初めて商品は売れるわけです。

僕ら人間が前歯っていう、
普段意識していないパーツがないと
言葉をうまく話せないように…。

セールスやマーケティングでも
ある要素が抜け落ちてしまえば
望んだ成果は得られません。

成果を出すために必要なのは
『ハーモニー』です。

つまり、必要な要素をある程度でも
全て満たしていることが必要なんです。

あなたの販売戦略は、
何か抜け落ちていませんか?

何か決定的に抜けてる要素は
ありませんか?

前歯ってめちゃ小さな要素が
ないだけで不自由は起こります。

あなたの事業に『抜けた前歯』は
ないかどうか?

改めて見直してみてください…。

(株)コンサルタントラボラトリー
中村純

PS.

一緒にパラオに行った、
パートナーの大谷さんが
撮ってくれていた動画のまとめです。

ーーーーーーー
【前編】
https://www.youtube.com/watch?v=j9T5ILWxTmk&feature=youtu.be

【後編】
https://www.youtube.com/watch?v=EVzVyVdxL-E
ーーーーーーー

前編は僕も前歯があったので元気ですが、
後編はめちゃ影が薄いです(笑)

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中