もっと音を聞いて!

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

先週のある日、家族が昼時に

「ココイチカレーなう」

と写真を送りつけてきました。

その写真のせいで、
頭の中が完全にカレーになったので、
その日の昼食はココイチに決定。

そして、オフィスからほど近い、
さほど広くないココイチの
カウンター席に座って待っていると…

カウンターの中で、
「研修中」の名札をつけた
初々しい若者が働いていました。

待っている間は暇なので、
見るとはなしに見ていると、
彼は少し奥まったところに移動し
何やら黙々と在庫の補充を始めました。

少しして、指導係であろう
ベテランっぽい女性が
鋭く出した指示がこちらです。

「もっといろんな音を聞いて!」

◆まわりで何が起きているか?

言われて聞いてみると、店の中では、
常にいろんな音が聞こえています。

客がドアを開けて入ってくる音。
オーダーを取る声。
調理終了を告げるタイマーの音。
レジへ向かう客の足音。

などなど、などなど。

これらに常に耳を澄まし、
店の中は今どういう状況で、
そこで自分が何をするべきか
常に考えて動いてね、という話でした。

言っていること自体は
仕事を進める上で普通のことですが、
「音を聞いて」という指示は
個人的になかなか斬新に響きました。

◆そして、自分はどう動くべきか?

全体の流れを把握して、
その中で自分がどう動くかを考える。

チームでビジネスを進める時はもちろん、
一人で取り組んでいる時でも、
この「全体を見る」視点は重要です。

例えばセールスレター1つ取っても、
見込み客はどこからどうやって来て、
どんな状態でそれを読むのかを
考えて書かないと、成果には繋がりません。

メールを1通送るにしても、
そのメールは何のために送っていて、
読んだ人にどうなってほしいのかを
しっかり考えて書かないと、
内容がぼやけてしまいます。

そして、スケジュール管理にしても、
全体が見渡せていない状態だと、
どこまで目の前の作業に
時間をかけて大丈夫なのか、
判断できないですよね。

プロジェクト進行は、
こういうことを常に意識しないと
かなりの確率で事故るので、
本当に気をつけて臨んでいます。

よく見て、よく聞いて。

この話が、あなたのビジネスの
参考になれば幸いです!

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

 

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中