やる気が出ない時の処方箋

Pocket

(株)コンサルタントラボラトリーの
中村です。

超個人的な話なんですが、
最近、僕はジムに通い始めました。

通い始めた、とは言っても、
実はジムに入会するのは2度目。

でも、1度目はシャワーを浴びに
2回ほどジムに行っただけで、
実際には何の運動もしませんでした(笑)

今にして思えば、
めちゃもったいないですよね…。

でも、今回は体重が増えていることに
かなりの危機感を持っているので、
しっかりと運動をしています。

ただ、ですね…。

そうは言っても、僕はかなりの運動嫌い。

高校までサッカー部だったなんて、
今の僕を知っている人からしたら、
きっと信じられないと思います。

だから、気持ちはジムに行きたくても、
なかなかやる気が出ないんですよね。

あなたもそんな時ってありませんか?

例えば、、、

「ブログ記事を書かなきゃ」
「商品作りを進めなきゃ」と思っても…、
なかなかパソコンに向かえない。

そんな経験はありませんか?

今日はそんな「やる気が出ない時」に
かなり有効な対処法をお伝えします。

■処方箋:とりあえずやれ!(笑)

僕が考えるやる気が出ない時の
対処方法は、、、

「とにかくやる」
「とりあえずやる」

というものです。

…根性論みたいですかね?

でも、これって本当に有効なんです。

例えば、僕が通っているジムには、
家を出て2分くらいで着きます。

だから、気がのらない時には、
とりあえず家を出てジムに行く
って感じで行動を起こします。

すると、不思議なんですけど、
最初は嫌々ジムに行くわけですけど、
徐々に気持ちが乗ってきて、
普通に運動できちゃうんですよね。

というのも、脳の作用の1つに
『作業興奮』ってものが
あるそうなんですね。

これは、とにかく何でもいいから
作業をやりはじめることで、
その作業を続けられるようになる、
って作用です。

だから、僕の例の場合であれば、

・とりあえず家を出る、
・とりあえずジムに行く、
・とりあえずストレッチをする、

って感じで小さな行動を
起こすことで結果として
しっかり運動が継続できてる、と。

作業興奮って言葉にすると、
ちょっと難しい感じもしますけど、
文字をタイピングし始めたら
だんだん“筆が乗る”って経験は
したことがあると思います。

で、そういう状態に他の作業でも
自分を持っていくために有効なのが、
「とりあえずやり始める」って
ことになるわけなんですね。

僕も苦手な運動をし始めて
この効果を実感しています。

なので、あなたもぜひ、
「とりあえずやる」のマインドを
持ってみてくださいね。

(株)コンサルタントラボラトリー
中村純

 

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中