【マーケティング】これが最後のご案内です!

Pocket

山田です^^

万年ダイエッターの私ですか、
特に何もしてないのに(から?)
日に日に体重が増えていくので、
ジムに通うことにしました。

ちなみに、自力で頑張るジムも
ホットヨガもプールもウォーキングも
ステッパーも痩せるサプリもお茶も
過去にぜーんぶ挫折しているので、
自分のことを全く信用していません!!

なので今回は、
厳しい監視下で筋トレをさせられて、
食事制限&報告義務があるタイプの
ジムを選びました。

今のところ地獄です。

・・・さて、私みたいに
自分が信頼できなくなっても、
まぁこれは何とかなりますが、

お客様の信頼は一度失うと、
取り戻すのは難しいですよね。

マーケティングの狭義の意味には、

————————–
・見込み客と信頼関係を作る
————————–

というのがありましたが、
信頼関係があれば、
セールスをしなくても
商品が売れるようになります。

なので、信頼関係を失わず、
信頼残高を高めていくことが
一番重要になってきます。

それで、そのポイントを6つに
まとめてみたので、
よかったら参考にしてみてくださいね。

『見込み客と信頼関係を作る方法』

1. 相手を理解する
まずはお客様のことを理解すること、
これが第一です。

「私のことわかってくれてるな」
という人から、みんな買いたいと
思っています。

アンケートを取ったり、
お客様とのコミュニケーションを
増やしてみてくださいね。

2.自己開示する

人は見ず知らずの他人より
「知っている人」を信頼します。

あなたはどんな人間なのか?
職業とか、なぜ起業したのか?とか、
家族のこととか、
自分のことを話してください。

お客様が共感できるような話が
できると一番いいですね。

私だったら、
「いくら食べても太らないし、
生まれた時からスリムです^^」
といういけすかないトレーナーから
指導を受けるより、
「昔私も超太ってたんですよー。
でも痩せられたので大丈夫ですよ!」
と言ってくれるトレーナーの方が
信頼できます^^

自己開示する時は
共感を大切にしてみてくださいね。

3.一貫性を持つ

言うことがコロコロ変わる人って
信用できないですよね。

手前味噌ながら、お客様からは、
「コンラボは信用できる」
とおっしゃって頂いています。

これは、ビジネスでは
マーケティングが大切ということを
ブレずに一貫して伝えているから
だと思います。

小さな積み重ねにはなりますが、
これは結構強固な信頼関係を
築けるかと思います。

4. 約束を守る

言うまでもないですね^^;

例えば、
「講座のお申し込みは3日間です!」
と急かしてきたのに、ズルズルと
お申し込みを受け付けているとか、

「これが最後のご案内です!」
というメールを送り続けるとか・・・。
「閉店セール」をずっとしている
紳士服屋さんみたいですよね(笑)

また、約束を守らないと、
信頼を失うだけでなく、

「いつでも申し込めるからいいや」
「どうせまた募集するでしょ」

という気持ちにお客様はなるので、
機会損失にもつながりますよ。

5. セールスばかりしない

売り込みを1回すると、
お客様の信頼残高はガクンと落ちます。

これはセールスが悪いという
意味ではなくて、
お客様の信頼残高を気にしながら
売っていきましょうねということです。

セールスをするのなら、
日々のメルマガでコンテンツや有益な
情報をたくさん届けて、
信頼残高をしっかり高めておきましょう。

6. セールスしたらフォローする

信頼残高が下がってしまったら、
メルマガでプレゼントをしたり、
コンテンツメールを増やしたりして、
また信頼関係を作っていきましょう。

・・・いかがでしょうか?
まだまだテクニック的なところは
ありますが、
基本的なところはこんなところです。

セールステクニックより、
この信頼関係を作ることの方が
100倍大切なので、
ぜひ今日から意識してみてくださいね。

それでは!

(株)コンサルタントラボラトリー
山田知佐枝

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中