234回のチャンスを逃す…

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

今日は、コンラボエクスプレスの
「開封率」のお話です。

現在、月曜日から土曜日まで
基本的に毎日配信のこのメルマガ。

開封率を毎日計測していますと、
数字は一定の枠内に収まりつつも、
やはり高いものと低いものが
出てきています。

ちなみに、この2ヶ月ほどで、
一番高かったものと低かったものは…

◆驚きの結果と、その数字とは

まず、開封率が一番高かったのは、

◇[実話]死亡するポジショニング
https://conlabo.jp/tips/marketing/5121/

労働集約型の小規模ビジネスで、
低単価・高負荷ポジションを取ると
大変なことになるよ、というお話を、
昔いた制作会社の実例から語ったもの。

そして、一番低かったのは、

◇キティちゃん×しまじろう=?
https://conlabo.jp/tips/marketing/5032/

「サンリオピューロランド」という
見込み客が多数ひしめく場所で、
しっかりアピールするベネッセは
さすがだな、というHUB戦略的なお話。

たまたまですが、
どちらも私の記事です。

なので、発信者名は関係なく、
数字は開封率なので中身も関係なく、
純粋に「件名」の良し悪しが
開封率の差になったわけですが…

今回、なんとこの差が、
実に【3.6%】。

普段なかなかこんなに
差が開くことはないんですが、
大成功と大コケを
両方やってしまったかんじです…

◆「開封率3.6%」の差の意味

それで、今のCEXの読者は
約6500人弱おりまして。

その3.6%というと【234人】です。

開封率が低かった方のメールは、
高かった方と比べて、
234回の開封のチャンスを
逃してしまったことになります。

これはコンテンツ提供のメールですが、
もしこれがプロモーション中の
セールスのメールだったら?

この234人の読者が
メールを読んでくれなかったことで、
一体いくらの売上を逃すことになるか…

メールからレターへの訪問率、
そのレターからの成約率も、
そこからの売上額もそれぞれですが…

どんなケースにせよ、
結構な売上が失われる計算に
なるはずです。

どんなにいいレターを書いても、
いいメールを配信しても、
まず「読んでもらえない」ことには
始まりません。

私も今回の結果を踏まえ、
さらに0.1%でも上を目指して
引き続き精進したいと思います。

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中