こんなところにもライバル。

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

昨日の記事では、

「パスタが食べたくて出かけたのに
気がついたら焼き魚を食べていた」

という話題を取り上げました。

見込み客にアピールする時は、
「優先順位の高いニーズ」を
見極めないと失敗するよね、
というお話でしたね。

詳しくは:
◇美味しいパスタもいいんだけど…
⇒ https://conlabo.jp/tips/marketing/4966/

そして実は、この話には
もう一つ重要な視点があります。

それこそが…

◆あなたも私もライバルだらけ。

と、いうことです。

あなたが仮に、ランチを提供する
和定食のお店を営んでいたとすると、
近所の定食屋さんはもちろんですが、

・フレンチ、イタリアン、蕎麦屋など
 ランチ営業の別ジャンルの店
・ファストフード、カフェなど
・デリバリーサービス
・テイクアウトの弁当屋さん
・コンビニ弁当や惣菜
・見込み客に弁当を作る愛妻や彼女

など、実に色々な媒体が
あなたのライバルになります。

なにせ、ことは

「見込み客の胃袋と
ランチタイムの時間」

という、
限られたパイの奪い合いなのです。

「美味しいものを提供していれば、
お客様は来てくれる」などと言わず、
常にアピールしていかないと、
生き残ることはできません。

なにせ、お客様は、
「あなたから買えなくても、
他の人から買う」のです。

なので、見込み客の
「優先順位の高いニーズ」に向けての
適切なアピールが欠かせません。

◆あなたを選んでもらうために…

ちなみにこれは、あなたや私たちの
「コンサル型ビジネス」でも
全く同じことです。

セッションを提供するにしろ、
講座やセミナーを提供するにしろ、
他の何でもそうなんですが、

「見込み客の限られたオフの時間」

の争奪戦になるからですね。

そう考えた場合のライバルは、
同業者の講座等はもちろん、

・異業種のセミナーや講座
・趣味の習い事
・読書など個人的な自己啓発
・日帰りや短期の旅行
・溜まる一方の家事
・ここぞとばかりの寝溜め
・一緒に遊ぼうとせがむ子供

など、本当にたくさんあります。

その中で選ばれるためには、
見込み客に適切なアピールをして

“これは今の自分に
絶対に必要なものだ”

と思ってもらわなくては
いけないんですね。

・あなたのライバルは誰?
・勝ち抜くためのアピール方法は何?

ぜひ、もう一度振り返って
考えてみてください!

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中