美味しいパスタもいいんだけど…

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

先週のことなんですが、
お昼時に「パスタ食べたいな」と
いう気分になったので、
以前に一度行ったことのある、
少し遠いパスタ屋さんに行きました。

700円だか800円だかで食べられる、
このあたりのパスタ屋にしては
わりとリーズナブルなお値段という
記憶があったのです。

で、大通りを2つ超え、
「確かここの2階」と思い出しつつ
階段を上ると…

なんということでしょう。
そこには和系の定食屋さんが
あるではありませんか。

私は重度の方向音痴なので
「もしや間違えた?」と
一瞬思ったのですが、
入り口から見える店内の
座席の配置は記憶にあるまま。

どうやら、しばらく来ない間に
趣旨替えをした模様です。

「どうしよう…
パスタ食べたかったんだけどな…」

と数秒悩みましたが、
結局そのままその店に入って
焼き魚定食を注文しました。

普通に美味しかったです。

◆パスタかどうかよりも…

なぜ、パスタを食べたかった私が
焼き魚定食を食べて帰ってきたのか?

そこには、
ニーズの優先順位がありました。

私の平日の昼食の一番のニーズは、
「時間内に食べ終わって
オフィスに戻る」こと。

そして、それが「そこそこ安くて、
そこそこ美味しい」こと。

あとはその日の仕事の状況によって、
「さっと食べてすぐ戻れる」または
「一休みしてリフレッシュできる」の
どちらかを求めています。

その次に、オフィスからの距離と
遠出できるお天気かどうかがあり、
料理のジャンルはさらにその次。

だから、
食べたかったパスタじゃなくても、
「同じ場所に、似た価格帯の店がある」
なら、そのままそこに入るんですよね。

そこからパスタのある他の店に移動して、
注文して来るのを待って食べて…
となると、昼休み終わっちゃうので。

◆顧客の一番のニーズは?

あなたや私たちの見込み客も、
大きなものから小さなものまで
様々なニーズを抱えています。

ただ、そのニーズにはやはり
優先順位というものがあります。

一生懸命セールスしても、
そのポイントが順位の低いものだと、
「別にこれじゃなくてもいいしな」
と思われてしまいますよね。

私の場合、“美味しいパスタ”だけだと
「まあ、機会があればそのうち」ですが、
“信号渡ってすぐ!”だと
「あ、じゃあ今週どこかで行ってみよう」に
なりますから。
※お値段が折り合えばですが

見込み客のそのニーズは、
譲れないものなのか?
他に代わりがあるものではないか?

見込み客にアピールする時には、
ぜひ考えてみてください。

反応が変わってくるかもしれません。

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中