【解説】ClickFunnelsとは?初めてのオンラインビジネスならClickFunnels

Pocket

何かネットでビジネスを始めたいな・・・と思っている人はいらっしゃいませんか?

今回ご紹介するClickFunnelsはそんなあなたにぴったりのプラットフォームです。
これ一つあれば、すぐにオンラインビジネスを始めることができます。

この記事では、ClickFunnelsとは何か?その説明から、料金体系、メリットとデメリット、他のプラットフォームとの比較までお話していきます。

 

ClickFunnelsとは

ClickFunnelsとは
ClickFunnelsとは、簡単にいうとデジタルコンテンツを販売するためのプラットフォームで、ファネルという名前の通りセールスファネルを作るためのツールです。

セールスファネルとはお客さんの通り道ようなもので、ビジネスの設計図とも言えます。

起業家精神はあるけど、オンラインビジネスを始めるのに必要なプログラミングやデザインのスキルがない人にぴったりです。

セールスファネルのテンプレートを選び、ページのスタイルを選び、カスタマイズして公開をクリックする、このたったの3ステップでオンラインビジネスが始められるのです。

 

ClickFunnelsの主な機能

ClickFunnelsの主な機能

ClickFunnelsがどんなものか分かっていただけたところで、その主な機能をいくつか紹介します。

  • ・ウェブデザインツール
  • ・カスタムドメイン
  • ・顧客管理機能
  • ・決済ツール
  • ・マーケティングツール
  • ・アフィリエイト機能
  • ・オンラインセミナー機能
  • ・メンバーシップサイト
  • ・メールサービス

などがあります。

ClickFunnelsの凄いところは、オンラインビジネスに必要な機能を全て揃えているのはもちろん、ワンタイムオファーやアップセルの機能性が高いところです。

ClickFunnelsはワンタイムオファーやアップセルを何度も行うことができ、低額商品を買った人にだけアップセルを行ったり、逆にダウンセルも行えます。これはオンラインビジネスの売上アップには欠かせないポイントです。

メルマガ登録者のためだけのランディングページも作れますし、メルマガを登録した人にワンタイムオファーを行い、そこからアップセル、それらのメールを自動で送ることももちろん可能です。

ページ作成の柔軟度が高いところもポイントで、パソコン用とスマホ用にページを分けたり、テストページを作ることができます。例えば、ページを2パターン作り、それぞれの反応率や登録率を分析してより良いページを作ることができるのです。

ClickFunnelsはどんな種類のビジネスでも対応できるようになっています。情報商材を販売したい、B2BやB2Cのマーケティングをしたい、小説を販売したい、あるいは単に見込み顧客の情報を獲得したいなど、あらゆることがClickFunnels一つで可能になるのです。

 

ClickFunnelsの料金体系

ClickFunnelsは二つの料金プランを用意しており、月額97ドル(約10,500円)からあるので、気軽に始められるのが特徴です。

ClickFunnelsの主な機能

通常プランとプラチナプランの主な違いは、メールマーケティングやアフィリエイト機能です。

通常プランにはあまりメールマーケティングの自由度が高くなく、アフィリエイト機能がありません。しかしプラチナプランでは、ユーザーの地域によってメール内容を変更したり、より見やすいメールを作ることができたり、無制限のアフィリエイト機能がついています。

小規模ビジネスや、初めてオンラインビジネスを始める方には通常プラン、沢山コンテンツを販売したい方や、大規模ビジネスで複数人で利用したい方にはプラチナプランをおすすめします。

 

Clickfunnelsのメリット・デメリット

Clickfunnelsのメリット・デメリット
ここまでClickFunnelsの様々なメリットを紹介してきました。

設定がシンプルで使いやすいことや、売上アップのための優れたマーケティングツールなどが特徴です。

しかし、もちろんClickFunnelsにもデメリットがあります。

それは、通常プランでは機能面があまり充実していないところです。課金すればするだけ機能は充実しますが、通常プランには本当に最低限のものしか用意されていません。

もしデザインなどを細かくこだわって作りたいのであれば、ClickFunnelsでは物足りないかもしれません。

しかし初めてオンラインビジネスを始めるのであれば、デザインなどの要素はあまり細かくこだわる必要はないので、そう考えるとメリットの方が大きいのではないでしょうか。

 

メリット

  • ・オンラインビジネスに必要なツールが全てオールインワンで揃っている
  • ・導入が手軽
  • ・設定がシンプルで簡単
  • ・ページ作成の柔軟度が高い
  • ・優れたマーケティングツール

 

デメリット

  • ・通常プランでは機能面があまり充実していない
  • ・レポートや分析ツールがない
  • ・カスタマーサポートがあまり手厚くない

 

結局デジタルコンテンツを販売するならどれ?

ClickFunnelsと同じく、これまでデジタルコンテンツの販売ができるプラットフォームのTeachableとKajabiを紹介してきました。

前回の記事でTeachableとKajabiを比較したので、今回はClickFunnelsも加えて、デジタルコンテンツを販売するならどれがいいのかをお話ししていきます。

 

顧客ターゲットの違い

まずはそれぞれの顧客ターゲットを見てみましょう。

TeachableとKajabiはオンライン講座の作成に特化したツールであるのに対して、ClickFunnelsは売上アップを目的としたセールスファネルを作るツールです。TeachableとKajabiはオンライン教育者向けですが、Clickfunnelsはコンテンツを持っている方なら誰でも利用できます。特にTeachableは、オンライン講座や学習コミュニティを作ったりする学習管理システムなので、セールスファネル作成ツールとしては使えません。

そのため、オンライン講座を始めたいならTeachableかKajabi、その他のコンテンツを販売したいならClickFunnelsをおすすめします。

 

機能面での違い

次に機能面での比較をしてみましょう。

以下の表でそれぞれにある機能、ない機能をいくつか挙げてみました。

機能面での違い

この表を見ると、Kajabiが機能面で優れているのが分かりますね。Kajabiには他にはないデザイン機能が満載で、販売ツールやマーケティングツールも十分に揃っています。

しかし、前回の記事で述べたようにKajabiは導入コストが高いのが難点で、その上多機能で設定が簡単ではありません。そのため、ClickFunnelsやTeachableと比べると上級者向けだと言えます。

もし初めてコンテンツを販売するのであれば、ClickFunnelsを使うことをおすすめします。なぜならClickFunnelsは、この中で一番簡単でコストパフォーマンスの高いサービスだからです。

最初はClickFunnelsを使ってみてオンラインビジネスに慣れ、デザインなどにもうちょっとこだわりたいな、と感じたらKajabiを使う流れが良いでしょう。

もし予算に余裕があるのであれば、これらを組み合わせて使うのも良いかもしれません。例えば、Kajabiで洗練されたページを作り、ClickFunnelsで売上アップを図り、Teachableでコミュニティを作る、などといった使い方もできます。

自分のビジネスにはどのツールが合っているのか、自分だけの使い方を見つけてみてください。

 

まとめ

今回はClickFunnelsについてお話ししました。

最近では、会社員の方などが副業でオンラインビジネスを始めることも珍しくなくなりました。これからの時代、副業のスキルはあって損はありません。

ぜひこの記事を参考にして、自分のビジネスにあったプラットフォームを見つけ、オンラインビジネスを始めてみましょう。

The following two tabs change content below.
林田 寿徳

林田 寿徳

株式会社コンサルタントラボラトリー マーケティングディレクター 林田 寿徳 (はやしだ かづのり) 九州大学大学院総合理工学府卒業。長崎県出身。 大学院修了後はパナソニック(株)中央研究所で量子力学や半導体に関する研究業務に従事する。 その後コーチとして独立し1年目で年商1,000万円を達成。 独立2年目からはコーチ・コンサルタント・セラピスト・スピリチュアリスト専門のコンサルタントとして活動し年商1,500万円を達成。 ウェビナーを活用したWebマーケティングでクライアントが月商100万円〜1,000万円超え、集客自動化を達成するなどの実績が出ている。 自身も個人起業家時代からプロダクトローンチの仕組みを用いてオンライン教材を自動化し、月平均100万円の売上を完全自動化。 その後コンラボの講座に参加した際、代表の北野と出会いコンラボに参画。現在はマーケティングディレクターとして、オンライン教材の完全自動化や講座プロモーションをプロデュースしている。

無料オンラインセミナー公開中