[斬新]仏具の鋳造技術で開発した商品とは?

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

我が家では、平日の朝には
NHK「おはよう日本」を見ています。

家族を急かしつつ
朝食準備やら身支度やらなので
そんなにじっくりは見られませんが…

そんな中、商品開発の面白い事例を
紹介しているのを見たので、
今日はシェアしたいと思います!

◆伝統の技を活かした挑戦

紹介されていたのは、
伝統工芸品の「高岡銅器」さん。

ルーツは400年前にさかのぼり、
元々は梵鐘、仏像、香炉、仏具から
日用品まで幅広く手がける
クオリティの高い伝統工芸品。

ただ、バブル以降は売上の減少や
職人の高齢化に悩んでいたようです。

その状況を変えるために、
伝統の技を活かして作った商品が…

 



◇kanpai bell
https://www.super.co.jp/kanpai-glass

結婚式などの
特別なハレの日を演出する、
真鍮製のグラス2個セットです。

お聞かせできないのが残念ですが、
飲み物を入れて乾杯すると
めっちゃいい音が鳴ります。
(ただし炭酸系を除く)

その響き方は、
仏具のリン(※)の技そのもの。

※木魚とセットで
「ポク、ポク、ポク、チーン」と
鳴らすアレです

ほんと、めっちゃ響いてましたから…

「邪気を祓い、場を清める音」
というグラスの売り文句も、
仏具とか大仏とか作ってる
人たちの言葉だと信頼感も抜群です。

「そうきたか、なるほどなー」と
朝から衝撃を受けつつ
その日は出社しました。

◆技術やスキルの意外な使い所。

実は、これは高岡銅器さんたちの
取り組みのほんの一例。

その他にも、
産官連携で新ブランドを作ったり、
こち亀やサザエさんといった
漫画の銅像を多く作るなど、
色々と取り組んでいるとのこと。

キャラ銅像のクオリティも、
確かな技術に裏打ちされて
そりゃあもう素晴らしいです。

「伝統工芸」という枠を外し、
多彩な鋳造技術や
研磨・着色・彫金の技術に
フォーカスした結果、
可能性がものすごく広がったんですね。

あなたも、
今いるジャンルの枠を取り払って、
知識やスキルそのものを軸にしたら、
思わぬ新しい可能性が
見つかるかもしれません。

今回の事例を、
ぜひ参考にしてみてください!

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中