“逆に”信頼が得られるコピーの書き方

Pocket

 『アントレラボ|ビジネスアカデミー』
マーケティングディレクターの中村です。

あなたや僕たちの様に、 個人や少人数の
スモールビジネスで起業をしようと思ったら、
必ず身につけるべきスキルがあります。

それが『コピーライティング』です。

なぜなら、、、

メルマガやブログ、セールスレター、
DM、通販サイトの商品案内、
電話営業の台本、告知文を作る時、
プロモーション用動画のシナリオ、
個別面談で見込み客に営業をする時…。

全部が文章とか言葉で伝えて、
見込み客の方に『行動を起こして貰うこと』
が目的となります。

僕も今では
『マーケティングディレクター』と
名乗っていますが、
元々はコピーライターとして、
キャリアをスタートしました。

僕たちコピーを書く人間にとって、
自分が書いた文章が
信じて貰えるかどうか?というのは、
かなり重要です。

というのも、コピーを書く目的は、

・商品を買ってもらうとか、
・問い合わせをしてもらうとか、
・資料を請求してもらうとか、

何かしらの行動をしてもらうって
ことですよね?

信頼できない人から
「これいいよ!」って言われても、
絶対買わないじゃないですか?

もちろん僕も買いません。

で、例えばセールスレターを
読んでる人っていうのは、
基本的に全部を疑ってます。

ホントに解決できんの?
それ、自分にもできるの?
商品はちゃんと届くの?って。

なので、しっかりとその疑いに、
お客様の声を使ったり、
証拠画像を載せたり、
実績を載せたりして
答えていく必要があるんです。

そこで、今日はすぐに使える
信頼を得るコピーの書き方をひとつ。

それは、

『欠点も言う』

ってことです。

多くの場合が、その商品の
優れている点ばかりを書いていて、
あたかも万能で完璧な商品のように
書かれているんですよね。

でも、それだけで簡単に
信頼を得ることは難しいです。

あなたも良いことばっかり
聞かされたら、
逆に怪しいと思いませんか?

で、たとえ全て本当のことを
言っていたとしても、
何かが信じられなければ、
他の部分も信じてもらえません。

都合悪いところを全部隠しても、
文章から“怪しさ”みたいなのを
なんとなくでも感じるんだから、
人間ってすごいですよね。

じゃあ、どうしたら、
信じてもらえる文章になるのか?

それが、さっきも言った、
欠点を話すってこと。

例えば、ただ単に、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この掃除機は日本一強い吸引力で、
部屋に落ちているゴミを
ひとつ残らず吸い取ってくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書くよりも…

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この掃除機は、他の製品と比べて、
音がうるさいです。

壁が薄い部屋に住んでいる方や
夜中に使う方には不向きです。

ですが、その分、
日本一強い吸引力があるので、
部屋に落ちているゴミは
ひとつ残らず吸い取ってくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

と書いたほうが、
信頼できる気がしませんか?

で、ここでポイントなのが、
『欠点を先に言う』って事。

ちょっと、これをみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
この掃除機は日本一強い吸引力で、
部屋に落ちているゴミを
ひとつ残らず吸い取ってくれます。

ですが、他の製品と比べて、
音がうるさいです。

壁が薄い部屋に住んでいる方や
夜中に使う方には不向きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さっきの例で伝える順番を
入れ替えただけですが、
めっちゃマイナスなイメージが
強調されますよね。

しっかりと信頼を勝ち取って、
商品を買って貰えるように、
今日お伝えした、

===============
■あえて欠点を言う。
■欠点は先に言う。
===============

この2つのポイントを
ぜひ試してみてください。

『アントレラボ|ビジネスアカデミー』
マーケティングディレクター
中村純

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中