【第6戦略】3つの選択肢。あなたはどれ?

Pocket

北野です、

今週は「第6戦略:マネジメント戦略」に
ついてメルマガを書いています。

昨日のバックナンバーです。

・年商1000-3000万円が一番忙しい…。
⇨ http://entre-labo.com/column/20171206

恐らく、「年商1000-3000万円」
ぐらいの方は、

「そうそう…そうなんだよね…」
と共感、納得されたのでは
ないでしょうか?

この時期が一番忙しく、売上はある程度、
上がったけれど、「この先、どうする?」
という不安にかられる時代です。

で、ここから「3つの選択肢」が
生まれます。

===============
1.売上を多少落としてでも、
余裕を持たせ、内容重視に変える
===============

まずこれです。ちょっと仕事を
減らして余裕を持たせるパターンです。

客単価を上げるなどして対応します。

ただ、難しいのは、「仕事を少し減らす」
というのは相手があることなので、
下手すると「少し減らすつもりが激減する」
という事態が起こる…という危険が
あります。

===============
2.パートやアルバイト入れて、
苦手な作業や事務作業を任せて、
自分の本来の仕事に集中する
※あるいは、徹底した仕組み化や
効率化で乗り切る
===============

これが最も多い選択肢だと思います。

これで、ある程度、忙しさは
乗り切れますし、ストレスも
多少は軽減されます。

ただ、時間が経つに連れ、
業務は増えていき、乗り切れる限界、
というものがまた訪れます。

その時、また選択肢を迫られることに
なります。

===============
3.さらに上を目指して(年商1億円
以上)、社員を入れて組織化していく。
あるいは、優秀な外部パートナーで
チームを構成する
===============

これが最も「攻め」の選択肢になります。

もちろん、売上を大きくする、
億超えすることが全て!…ではありません。

ですが、「攻撃は最大の防御」という
言葉もあるように、拡大させることが、
最も安定を生み出します。

そして、3000万円よりも、1億を
超えたほうが実は、ぐっ、と忙しさが
減る…ということもあるのです。

それで、明日は、この「第3の選択肢」、

===============
3.さらに上を目指して(年商1億円
以上)、社員を入れて組織化していく。
あるいは、優秀な外部パートナーで
チームを構成する
===============

こちらについてより詳しく
書いていきますね。

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中