はじめての仮想通貨、その結果は…

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの額です。

先のGWに、私は生まれて初めて
ビットコインを買いました。

◇仮想通貨はじめました
https://conlabo.jp/tips/work/5262/

その顛末ですが…

◆ビギナーズラック、不発

仮想通貨を買うにあたって、
見ていたのはチャートです。

ちなみに指標は、
ローソク足と移動平均線。

GWの初めごろ、線の傾きが
キレイな買いサインと見える形に
なったので、買ってみたのですが…

あなたもご存知かもしれませんが、
その後、相場は反転。

こりゃまずいということで、
早々にロスカットして
一旦手仕舞いました。

ちょっぴり痛いですね…

というわけで、
今はポジションを持っていません。

◆とはいえ、後悔はあまりなく。

私は、投資を始めるにあたって、
決めていたことが一つあります。

それは、
「ルールを決めて、それを守る」
ということ。

はじめての仮想通貨だった今回は、

・見る指標を決めて、
・買いサインと判断して買って、
・サインが消えたので手仕舞い

という、ある種淡々と
取り組んだ形になります。

あそこでロスカットラインを
切り上げればよかったかな、とか、

手仕舞いポイントは
まだまだ改善の余地あるな、とか、

反省点はいくつかあるものの、
次に活かせる形かな、と
いうのが今の率直な感想です。

そりゃ勝てるに越したことは
ないんですが…

次はもうちょっと
ブラッシュアップしたルールで
取り組みたいと思っています。

それで何回か小さく試して、
どうにも勝てないようなら
ルールを変えてみる、というかんじです。

◆「最悪の事態」まで考えておく。

「いろんなケースを想定して、
最悪の事態に備えておく」

これは、取り組むことに
リスクがあればあるほど、
大事なことになります。

例えば、
会社を辞めて独立。

例えば、
社運をかけた一大プロジェクト。

それはいろんな困難が
あることと思います。

その時になって慌てないよう、
最悪の事態まで先に想定して
対策を考え、打てる手は打っておく。

その上で、
取るべきリスクはしっかり取って、
思い切ってやってみる。

結局、どこかでリスクは
取らざるを得ないので、
「想定した上で、思い切る」のが
成功の近道なのかなと思っています。

(株)コンサルタントラボラトリー
額 典子

 

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中