思わず読み返してしまう年賀状とは?

Pocket

おはようございます。
(株)コンサルタントラボラトリーの
長嶋です。

2017年もいよいよ明日で終わりです。

年末の大掃除やら、
お正月の諸々の準備で慌ただしく
過ごされていると思います。

そんな慌ただしい中でも、
このメルマガを読んでいただき
誠に有難うございます。

私も正に今、
年末のなんだかんだとバタバタしている中
大掃除をしたり、

さらに、まだ書き終えていない
年賀状を書いたりしています。(泣)

それで、年賀状を書くにあたって、

昨年頂いた、たくさんの年賀状を
机の引き出しから引っ張り出してきて
ツラツラと読んでいました。

それで、
読んでいて思ったのですが、

貰って嬉しいと感じ、
思わず何度も読み返してしまう年賀状と、

年賀状を頂けたことは
嬉しいのですが、
サッと目を通すだけの年賀状と、

はっきりと分かれるな、
ということです。

この違いって、とても単純で

最初から年賀状の定型文が
印刷されてある、ただそれだけのものと、

一言でも相手の
手書きのメッセージが添えてあるものとの
違いです。

メッセージが添えてあると、

その相手の顔を思い出しながら
そのメッセージを読み返しますし、

元気にしてるかな、とか
今年は会う機会を増やしたいな、とか
特別な感情を抱かせてくれます。

それでこれは、ビジネスで用いる

メルマガライティングや
セールスライティングにも
通じるものだと思います。

一人ひとりに違う個別のメッセージを送ることは
難しいですが、

あなたの送ったメルマガや
セールスのメールを
しっかりと読んで頂くためには、

よくある決まりきった言葉の
羅列だけで終始するのではなく、
 

読んでいる読者のことを考えながら、
あなた独自のオリジナルな言葉で
差別化をしていくことだと思います。

メルマガライティング、
セールスライティングの

参考にしていただければと思います。

今年はCEXメルマガを読んでいただき有り難うございました
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年を!

(株)コンサルタントラボラトリー
長嶋

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中