コンサルで起業するために必要なこととは?

Pocket

コンサル起業で必要なことはもちろんビジネスの基礎的なノウハウを学ぶこと、また各種のビジネスの相談を受けることが出来るビジネス面での経験をしていると更にコンサルタントとしての幅も広がり、プロのコンサルタントとして活躍していくことが出来ます。学んできた知識だけでなく、その他の商売における知識が必要です。

各種のビジネスを促進するために、どうやって「広告」「売上」「利益」を出すかによります。コンサルタントは各種のビジネス、起業家をサポートする仕事なので、ジャンルも広く仕事に関しての流れや競合他社、流通にも目を配る必要があります。コンサルの仕事はそのためビジネス経験者や大手企業に勤務したことがある経験などが必要です。個人自営業者から大手の企業の相談を受けることが出来るようにコンサルとしては十分な現場での経験が求められています。

大学を出てコンサルタントの資格をもって基礎的な知識のみでは大手の企業や新しいベンチャー企業のコンサルタントを十分に行うことは出来ません。現場での経験や職種によってに仕事の流れを把握しておく必要があり、大手企業やその他の各種のビジネスでも今よりも利益を上げて持続性がある効果のあるコンサルティングを行うためには様々な業種で仕事をしたことがある経験から、各ビジネスの流れを理解しリスクを最小限にビジネスを企画する力も求められます。

自分がもっている知識とノウハウを洗い出す

自分がもっている知識を最大限に生かし、各種のビジネスサポートをするのが本来のコンサルタントです。そのため知識不足、またはノウハウがないコンサルタントはプロのコンサルタントとして各ビジネスオーナー、企業からの信頼を勝ち取ることは出来ません。理解力や、仕事を受注してからの勉強が必要な仕事です。

また各ビジネスオーナーや企業の相談を柔軟に受けて問題を解決することもコンサルタントの仕事です。「売上」「利益」だけでなく「各種の法的手続き」から申請を行う必要があります。無料でコンサルタント相談をして、そこからどうやって手続きを行うか、また各種の法的手続きの進め方をアドバイスすることになります。

各種のビジネスの相談は多種多様なので、自分がもっている知識とノウハウを洗い出しながら相手の状況を読み取りビジネスに役立つアドバイスだけでなく解決をしてあげることが出来れば、ビジネスコンサルタントとしての仕事を全うしていると言えます。

各種の仕事内容でのパフォーマンスを向上させたい企業の相談を受けることもあります。

  • どうやったら業績を上げることが出来るのか、
  • どうやって競合他社の企業に勝ち抜いていくのか
  • 世界進出を試みている企業のサポート
  • リストラやM&Aに関しての相談や手続き
  • 業績が悪化している企業の破産申請の仕方

等、ビジネスに関しての相談は多岐に渡ります。そのためビジネスソリューションなどについての相談を受けますので、十分に自分がもっている知識とノウハウを洗い出す必要があります。

提供するサービスとターゲットを考える

ビジネスを促進するためにはまず、ビジネスの意図、目的、販売ターゲット、提供するサービスを検討する必要があります。ビジネスをはじめる前に企画する必要がありますが、どのようなサービスをはじめるのかは非常に大切です。

今後を見通した需要のある仕事、または今後はあまり需要がなく大きなビジネスチャンスを言い出しづらい職種などもあります。ビジネスコンサルタントして相談を受ける際に、世の中のニーズなどを含めて経済に関しての知識を心得ておく必要があります。そこから扱う商品や、販売手段などを検討していき、更に市場リサーチを行いターゲットを考える必要があります。販売ターゲットを見定めることが出来れば次はマーケティングについての考案が必要になります。

ターゲットを見定めることが出来、販売する商品が決まっていれば、どのように「広告」を提供していくかが次のビジネスの課題になります。ビジネス戦略を練るためにはしっかりとしたマーケティングが重要です。商品やサービスをターゲットに効率よく宣伝するためには様々マーケティング手腕が問われます。

コンサルの仕事は、この時の「マーケティング」の仕方について考える必要があります。「マーケティング」は宣伝を含めて商品の展示会や、サービスの説明会などを定期的に行いクライアントを獲得していくことも仕事内容に含まれます。企業のコンサルタントを行う際にはマーケティング部署の部長からの相談なども受けますので、ビジネスへの理解や相談への対応が出来ないと信用を勝ち取ることは出来ません。

無料で集客してコンサルティングをする

近年は、ネットでのコンテンツマーケティングなども盛んになり、お金をかけずに無料で集客をすることも可能となりました。無料でブログをSNSなどで売上を上げることも可能です。コンサルティングは自営業者や中小企業のコンサルティングの相談も受けることがあります。マーケティングにおいて企業が広告費がない企業や節約したいが売上を上げたいという時にはSNSやブログを作成することで宣伝、広告を行うことも可能です。しっかりターゲットを見定めていれば十分に有意義な宣伝も行うことが出来るようになります。

起業にとっては商品やサービスの広告費は毎月、数十万から数百万円をかけている企業も少なくありません、無料で集客してコンサルティングをすることが出来れば相談側の企業にとっては広告費を削減することが出来るので、非常に有意義な結果を見出すことが出来ます。

メルマガやブログを書いて情報発信をしてみる

宣伝費を削減して企業のサービスや商品を宣伝するならば、メルマガやブログを書いて情報発信することも可能です。広告費経費削減のためのコンサルタントは マーケティングにおいての知識も必要で、コンサルタントの資質も問われます。売上を上げるためには広告費は必要です。

コンサルタントは専門的な調査手法に通じていなくても、メルマガやブログを利用して売上を上げる広告や経営面での手続きや目的に沿った調査を行い、ビジネスを促進することが可能で、結果を得ることが出来ます。メルマガやブログを書いて、更にはSNSでサービスや商品の情報を拡散するだけ広告となる有意義な情報発信を行うことが出来、ITビジネスにも精通している必要があります。

副業からコンサルをはじめてみるのも有意義です

コンサルタントに必要な資質は経営についての経費や税金面での理解も必要で、また企業の相談に柔軟に応じる必要があります。なかには経験や実績のあるコンサルタントは副業でもコンサルをしている方もいるほどです。コンサルティングに必要なスキルはコンサルの基礎能力を学び、更にITコンサルタントに対応し、ITコンサルティングにも精通している必要があります。ITを駆使して広告費を削減し売上を上げて各種のビジネスサポートが可能です。知識や経験が十分にあれば副業からコンサルをはじめてみるのも有意義です。ノウハウを心得ていてコンサルティングの経験があるならば副業としてもお勧めのお仕事です。

無料オンラインセミナー公開中