カジノで負けました、、、

Pocket

こんにちは、
(株)コンサルタントラボラトリーの
堀江です。

先日、3連休を使って
「マカオ旅行」に行ってきました!

海外は初めてだったので
新しい出会いや発見が多くて
かなり新鮮でした。

やっぱり海外に行くと
物の見方や価値観って
大きく変わりますね。

日本にずっといたら
見られない景色が
たくさんありました。

特に「カジノ」は
日本にないので
驚くことばかりでしたね。

ちなみにカジノの結果は
大負けでした、、、笑

さて、、、

今日のメールは、
カジノの秘密について
お話ししていこうと思います。

で、これビジネスの話にも
繋がってくるので最後まで
読んでみてくださいね。

それで、突然ですがカジノに
絶対にない3つの物って
なんだと思いますか?

答えは、、、

━━━━━
・時計
・窓
・鏡
━━━━━
この3つです。

「時計」は、プレイヤー(お客さん)に
時間を忘れさせるためです。

カジノは、プレイヤーに
帰って欲しくないので
「もうこんな時間だから帰らなきゃ」と
思わせないようにしています。

「窓」は、外の情報を完全に
遮断することでゲームに
集中させるためです。

カジノ以外の情報がなければ
ほとんどカジノのことしか
考えませんからね。

「鏡」は、プレイヤーが
カジノで負けた自分の顔や、

ギャンブルに憔悴(しょうすい)
している顔を見て
正気に戻させないためです。

「自分なにやってんだろ、、、」
と思わせないように
しているんですね。

このようにカジノは
プレイヤーがカジノから
離れないように、

時計、窓、鏡を設置
していないんです。

その結果、プレイヤーは
カジノのことしか考えずに
没頭してしまうんですよね

実際に僕の行ったマカオの
カジノでもこの3つがある
カジノはありませんでした。
(トイレの鏡は別です)

ちょっと怖いですよね笑

で、実はこれって
あなたのビジネスにも
応用できるんですよね。

というのも、
===========
カジノのように
お客さんを離れさせない
ための施策をすることで、

あなたのビジネスに
より一層関心を持たせる
ことができます。
===========

これだけでは分かりにくいと
思うので説明します。

例えば、コンラボの
LP(ランディングページ)や
SL(セールスレター)には、

リンクやバナーを張らない様に
しているんですよね。

その理由は、LP、SLを集中して
読んでもらいたいからです。

LPを読んでもらいたいのに
他のサイトに移動されては
意味がないですからね。

他にも、LPのデザイン面で、
本当に見て欲しいところ以外は
強調しない様にしています。

あれこれ強調したら
どこを見たらいいのか
分からなくなってしまい、

本当に伝えたいことが
伝わらなくなって
しまいますからね。

例をあげると写真の
赤丸がついてる部分です。

背景の色を変えて
文字の色も他とは
違う色にしています。

こうするとかなり
目立ちますよね。

この様に、お客さんに
伝えたい情報だけを提示する事で
関心を持ってもらえる様にしています。

まずは簡単なところ
からでもいいので、
ぜひ、あなたのビジネスでも
活用してみて下さい!

(株)コンサルタントラボラトリー
堀江 矢

無料オンラインセミナー公開中