1日2000件受注したユーチューバー流セールス

Pocket

室松です。

今日は、
「ユーチューバー流セールス」
についてお話します。

あなたは、YouTubeで
何か商品を買った事がありますか?

多分、その答えは「No」でしょう。

そもそも、日本では、
YouTubeをセールスの場として
使っている人がほとんどいません。

それは、ほとんどの人が
YouTube=娯楽の場
と思っているからです。

ビジネス利用をしている人でも
集客や、リスト集めのツール
(メールアドレス獲得)
くらいに思っている人がほとんどです。

しかし、アメリカなどでは、
YouTubeは集客&セールスの場として
盛んに使われています。

例えば、
「ワインライブラリーTV」
というチャンネルがあります。

もう、名前からして
ワインについての
チャンネルっぽいですよね笑

そうです、このチャンネルは、
チャンネルの運営者である

ゲイリーがワインを飲んで
紹介するという
いたってシンプルなチャンネルです。

https://youtu.be/CUe_xtK8aSg
↑ワインライブラリーTVのチャンネル

このチャンネルでは最後に、

「YouTubeを視聴してくれた方に
限定にスペシャルなコードを教えます」

数字の羅列を読み上げた後に、

「このコードは
今から48時間しか使えません!!

なんのコードか気になる方は〜

説明欄にある、
ネットショップの購入画面で
入力してみてね!!!
bye~~~~」

的な感じで終わるのですが、

それまでに、
ワインを美味しそうに飲む姿を見て
その、リアクションとコメントから
購買意欲が最高に高まっている中で

ネットショップの購入画面までいき
プロダクトコードを見にいきます。

なんと、スペシャルコードは
全てのワインが50%offなんです。

そこまでいくと

「後、ワンクリックで
購入してしまう・・・」

そういう葛藤もなく、

多くの人が躊躇なく
購入ボタンを押してしまいました。

その日は、約2000本のワインが
売れたそうです笑

そうして、そのように
YouTubeからの購入者が増えると、

YouTubeは、
同時に「集客」も行う事が出来ます。
(これがYouTubeを使う大きなメリットです)

YouTubeは、
説明欄にあるリンク先で
ユーザーがなにをするのかまで

しっかりと見ています。
(怖いですよね・・)

そして、
最終的に購入までいくと、

そのリンク元の動画から
購入されたとして、

YouTube内での動画の評価が上がり、
もっと、多くの人に見せようと

YouTube側が勝手にしてくれます。

そうする事で、
動画の再生回数は長い間に渡り
増え続け、
ワインの購入者数も増えるというわけです。

そのようにするためには、

やはり、動画を見てもらい
「買いたい」と思わせる必要があります。

その点、
このチャンネルの運営者ゲイリーは
とんでもなく強烈な人です。

何が強烈か・・・

それは、彼の「セールス力」と、
そのアイディアです。

彼の動画を見ると、
購買意欲がそそられ、楽しく、
ワインに興味を持つようになります。

これは、日本でいう
テレビショッピングの王様
ジャパネット高田さんのようなイメージです。

なぜ、彼らは、
こんなにうまくセールスができるのか?

それは、
明日のメールでお伝えさせて頂きますね。

株式会社コンサルタントラボラトリー
室松良柾

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中