過去の実績よりも今どうなっているか?

Pocket

こんにちは 室松です。

突然ですがあなたは、YouTubeの動画をどのくらい投稿していますか?動画を投稿している人は1本の人もいれば、何百本と投稿している方もいらっしゃると思います。

過去に動画を投稿した事がある人にお伝えしたいのが過去の動画を『ずっと公開しておかない方がいいかもしれない?』という事です。

「え、過去の動画は再生回数が多いから残しておきたい」と思っている方が結構いるみたいなのですが・・・実は、それがあなたの今のチャンネルの足枷になってしまっている可能性がたかいです。

何故か?

数年前に上げた動画の再生回数のほとんどはその当時に再生回数が伸びたものがほとんどです。決して、今も毎日毎日、再生回数を多く獲得しチャンネル登録へ誘導できているわけではないのです。

YouTubeは動画を1日単位で計測しています。今もなお、過去に再生回数を稼いだ動画や、そうでない動画がチャンネルに残っていたらYouTubeはどのように判定するのか?

YouTube『この動画は1日で再生回数を3回しか記録していない動画だ』⇒『このチャンネルは1日で再生回数が数回しか記録していない動画がたくさんある、需要のないチャンネルだ』と、YouTubeのAIに自動的に判定されてしまい、チャンネル全体のSEOが劇的に下がってしまいます。

ですので、 過去の動画が未だにコンスタントに再生回数を稼いでいる場合はそのままで大丈夫です!

どうしたら良いか?

過去の動画は全て非表示にし、その中で多くの再生回数を記録した動画をリメイクして出すことをおすすめします。

過去の動画を振り返って下さい。 「画質悪いなぁ」と思いませんか?現代はカメラ技術が進みスマホでとってもそれなりの質を保ち 動画を作ることが出来ます。

ですので、そうした事も検討してみてはいかがでしょうか!

今回の話をまとめると

・過去の動画は現在、再生回数が増えにくい

・YouTubeは1日単位で測定していて今、再生回数が増えていないチャンネルのSEOを落とす

・そうした事を避けるために動画をリメイクして出す

という事でした。

今後、僕が講師を務めさせていただき、YouTube集客をスマホ1つで出来る! といった内容のセミナーを開催させていただくかもしれないので、その時は 是非、参加して下さい!

それでは失礼します!

(株)コンサルタントラボラトリー
室松良柾

The following two tabs change content below.

cladmin

最新記事 by cladmin (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中