セミナー集客をメール(メルマガ)で成功させるたった2つのコツ

Pocket

mail

PDF無料プレゼント「直前に焦らない!セミナー開催【必須】チェックリスト」

「セミナーに集客したい!」−−−そんな時、ほんの数通のメールを送るだけで、ザクザクとお申込が入り、あっという間に満席!・・・なんてことが起これば、身も心も、ビジネスも、一気に楽になりますよね。

でも、それって、到底叶わぬ夢物語でしょうか・・・?いえ、そんなことはありません。あなたが「メールマガジン」の力を最大限に使えば、セミナー集客は、どんどん楽になります。これは、間違いありません。成功している起業家たちは、ほぼ100%メルマガを発行していますし、そこから集客に繋げているのです。

そこで、この記事では、セミナー集客に、どのようにメール(メルマガ)を活用すれば人が集まるのか、そのたった2つのコツをお伝えしていきます。


-目 次-
【はじめに】そもそも何故セミナー集客にメールマガジン?
1、メールでセミナー集客のコツ①:ホットな読者層を作るべし
2、メールでセミナー集客のコツ②:何回送ってもいいんです!
3、まとめ

【はじめに】そもそも何故セミナー集客にメールマガジン?

もしかすると、これをお読みの方の中には、「今更メールマガジン?」と少し不信に思っている方もいるかもしれませんね。しかし、数ある告知手法の中で、メールマガジンが有効な理由を、簡単に4点お伝えしましょう!

1)メルマガ=PUSH型のメディア

まず最大の理由がコレです。

メールマガジンは、PUSH型のメディアだから。

メルマガは読者に情報を届けるタイミングを自分で選べる告知手法です。例えば、ブログやFacebook、WEBサイト等の場合、そこでセミナーの告知をしても、見に来てもらえないことには集客できません。どんなに素晴らしいサイトでも、「アクセスをしてもらう」という、相手からのアクションが必要なのです。

一方、メールマガジンであれば、配信のタイミングを好きなように設定でき、自分からアクションを起こすことができます。セミナーに集客したいターゲット層が読みそうな日時を選んだり、「あと●時間で受付終了です!」というピンポイントの時間設定をしたり、集客状況に合わせてメールの頻度を上げ下げしたりすることも可能なのです。

2)メルマガ=労力が少ない

メールマガジンの配信システムを使えば、セミナー集客に向けてメールを作り、セットするだけで、瞬時に多くの人へ届きます。かかる手間は、文面を考えることのみ、そこに集中できます

では、これがDMだとするといかがでしょう。文面を考えるのは一度で良いですが、デザインを考え、印刷をし、宛名を整え、封入し、送付し・・・と何倍もの手間と時間がかかるのです。

3)メルマガ=低コスト

メールマガジンを送るには、配信システムがあると便利ですが、それには利用料(初期費用や月額費用)がかかります。しかし、現在、世の中には様々なサービスが存在し、初期費用が無料のものや、月額費用が数百円〜というものもあるのです。更に、何万通送ろうと、毎日送ろうと、費用は変わりません。広告を出す、DMを送る、等と比較しても、費用は随分少なく済むでしょう。つまり、とても気軽にセミナーの告知をすることができます。

4)メルマガ=信頼関係を構築しやすい

人間の脳は、一般的に、接触頻度の多いものに対して好印象を抱きやすいようにできています。その点、送る頻度を自分でコントロールでき、読者と多くの接触を持つことができるメールマガジンは、セミナー集客にとても有効だと言えます。メールの中に動画を挟んだり、資料を付けたり、ということもできるので、告知のバリエーションも広がりますし、事前にあなたの人間性を知ってもらうこともできます。セミナー当日に、「初めて会った気がしない」という状態を作っておくことすらできるのです。

 

いかがでしょうか。セミナー集客に、メールマガジンがいかに有効か、ご納得いただけましたでしょうか。それでは早速、本題である「セミナー集客にメールマガジンを活かすコツ」に移っていきましょう!

PDF無料プレゼント「直前に焦らない!セミナー開催【必須】チェックリスト」

1、メールでセミナー集客のコツ①:ホットな読者層を作るべし

1−1、メールもセミナーと同じ!まずは“場”を温めよ。

いきなりですが、ちょっと質問です。

■あなたがメルマガを解除したい、と思うときはどんな時ですか?■

・・・・・・・

「面白くないから」「いつの間にか登録されていたから」等々、様々な理由があるかと思いますが、特に多くの方に心当たりがあるのは「宣伝や告知ばかりだから」という理由ではないでしょうか。
 
そうなんです。メールマガジンは、セミナー集客に大変有効ですが、告知する時ばかり配信していては、人が集まるどころか、かえって悪影響になってしまいます。

 

そこで、発想を逆転させましょう!

「セミナーがあるから、メルマガを配信する」のではなく、「日頃よりメルマガを配信しておいてから、セミナーを告知する」のです。

つまり、第1のコツは、

日頃の配信で、ホットな読者層を作ってから(場を十分に温めてから)、セミナーの告知をすること。

こうすることで、集客率も上がります。「この人の話を直接聞いてみたい」「一度会ってみたい」「この人のセミナーなら学ぶことも多そうだ」といったように、日頃の配信をしていることで、セミナーへのイメージやモチベーションを引き上げる効果があるのです。

1−2、メールは小ネタでOK!小ネタこそ重要!

とはいえ、「“日頃の配信”って、何を配信すればいいの?」と思われる方もいるでしょう。それには、単純明快な答えがあります。

相手(想定するターゲット)の役に立つ内容を配信すること。

ターゲット層が知りたがっていること、欲しいなと思う情報が、ちょこちょことあなたから配信されてくれば、相手はメールを楽しみに待ちますし、あなたへの安心感は徐々に徐々に上がっていきます。その蓄積が、未来のセミナー集客につながるのです。

ただ、「役に立つ内容」と言っても、大それた内容はいらないのでご安心ください。皆さんもそうだと思いますが、メルマガを読むのはちょっとした隙間時間。その間にサッと読めるような、軽い内容で良いのです。短くてOK!

 

例えば、筆者は、ある宅配クリーンングのサービスを利用していますが、そのメルマガでは、クリーニングの割引情報などの他に、日頃のお洗濯や衣類の保管に役立つ豆知識を、少しずつ配信してくれます。「ちょっとしたシミ抜き法」や「型崩れしない干し方」「衣替えのコツ」などです。そのことにより、次にクリーニングを頼む際も、ちょっとした安心感から、そこに頼むことになるわけです。

 

ですから、どうぞ肩の力を抜いて、あなたの知識やサービス、日頃実践していることや、その日の気付き等の中から、小ネタをちょこちょこ届けてあげてください。また、あなたの人間性も伝わると、より効果がありますので、何かそのネタにまつわるエピソードなどがあれば、軽く交えて書いてみてくださいね。

一見地味な活動ですが、このコツコツを続けることで、ホットな読者層が少しずつ築かれていき、メールからのセミナー集客が、グンと楽になるのです。

PDF無料プレゼント「直前に焦らない!セミナー開催【必須】チェックリスト」

2、メールでセミナー集客のコツ②:何回送ってもいいんです!

2−1、メール配信に遠慮は無用!

では、次のコツに移ります。第2のコツはこちら。

セミナー告知は何度送ってもOK!むしろ何度も送ろう!!

です。「なんども送るとしつこいと思われて、かえって良くないのでは?」という心配をされる方や、「つい遠慮して、一度(せめて二度)しか送れません」という方も多いのですが、その心配はご無用です。

そもそも、すべての読者がすべてのメールをくまなく読んでくれるわけではありません。むしろ、開封すらされないのが普通だったりします。それなのに、もしたった一度しか送らなければ、その一通が読まれない場合、それで終了になってしまいますよね。開封するかしないかは相手が決めることですが、開封してもらう確率を上げるために(延いては、セミナーに集客するために)あなたができることは、メールの数を増やすことなのです。

 

あなたにもこんな経験がありませんか?

「何度も案内が来て、当初は正直どうでも良いと思っていた。それでも何回も来るので、何かのついでにちょっと開いてみたら、意外と気になる内容だった。それでも、申し込まずにいたが、その後も案内が届き、つい気になって再度開いてみたら、とある決め手に行き当たり、つい申し込んでしまった。」

・・・このような経験が。

 

そうなのです。人には「安易に申し込んで失敗したくない」「無駄なことはしたくない」という意識が働きますので、当初はあしらわれて当然なのです。そこで案内をやめてしまうと、もちろん申し込みもありません。そこで続けるからこそ、メールからのセミナー集客率は上がるのです。

2−2、メールで「いいことありそう」と思わせよう!

とはいえ、全く同じ文面で何通もメールを送るのは、気が引けますよね。もちろん、数回でしたら「再送」という形で、全く同じ文面も使えます。一度で済ませるぐらいなら、その方がセミナー集客につながるでしょう。

ただ、それも使えて数回。それ以上に同じ告知が日々届き続けたとしたら、その「件名」が見えただけで、ゴミ箱行きになってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか。その有効な解決法は、

告知にストーリー(物語)や事例を絡める。

という方法です。物語調になっている文章を、人はついつい読んでしまいます。それをうまく使うのです。

 

例えば・・・

  • ●このセミナーを開催するに至った経緯 (あなたの詳しいプロフィールや、ここまでの紆余曲折・失敗談なども)
  • ●このセミナーを通じてこんなことを実現したい、という夢
  • ●このセミナーを過去に受けて、成果があがった人の事例
  • ●このセミナーで得られるノウハウの一部公開 (それが、いかに読者にメリットがあるか、についても触れる)
  • ●既存の申込者から届いている期待の声の紹介

etc.

このようなストーリーや事例を、少しずつで構わないので、どんどん公開していきましょう。そして、その文面に、セミナー概要や申込URLも定型で付けるようにするのです。

 

セミナー集客をメールで行うには、単純に概要を伝え、来てください来てくださいと繰り返すばかりでは反応してもらえません。「セミナーに参加するとこんないいことがありそうだ」ということをいかにイメージさせるか、にかかっています。そのためには、何度もメールを届けること。そして、その中で、表も裏も思い切って公開し、読者の心をつかむことなのです。

PDF無料プレゼント「直前に焦らない!セミナー開催【必須】チェックリスト」

3、まとめ

以上、ここまで、「セミナー集客にメールマガジンを活用するたった2つのコツ」についてお伝えしてきました。メール集客のイメージに変化はありましたか?

特に、コツ①の「日頃の配信でホットな読者層を作っておく」については、一朝一夕でできることではありませんので、ぜひすぐにでも取り掛かっていただければと思います。

「もうセミナーが迫っていて、そんな悠長なことは言ってられないよ!」という方は、コツ②の「何度も送る!」から入ってもらって構いません。「告知にストーリーや事例を絡める」ことで、セミナーの告知をしながらも、あなたのプロフィールや人間性を伝えていくことができます。ここからもホットな読者層につながりますので、ぜひトライしてくださいね。

そして、メールからザクザクとセミナーに集客していきましょう!

 

なお、こちらの関連記事も必読です。

●メール以外のセミナー集客法について:「セミナー集客でやるべき31の打ち手
●メルマガの書き方のコツについて:「スラスラ書ける!メルマガの書き方“5つのコツ”
●メルマガ配信システムの選定法について:「売上を左右するメール配信システムの選定法

PDF無料プレゼント「直前に焦らない!セミナー開催【必須】チェックリスト」

The following two tabs change content below.
鈴木理美

鈴木理美

株式会社コンサルタントラボラトリー コピーライティング担当 旅行会社でのコンサルティング営業や、金融機関でのFPコンサルティング経験を経て、2012年より秘書兼カスタマーサポートとして(株)コンサルタントラボラトリーに参画。幼い頃より文章表現を得意としてきたが、現社における業務の中で、代表の北野にコピーライティングの才能を見出され、現在はライター業務をメインとしている

無料オンラインセミナー公開中