「ストック型ビジネス」が本命。

Pocket

北野です、buisiness people Vector

 

12月9日(水)からスタートする
大坪さんとの「オーナーコンサル」の
全国セミナーですが、

参加申し込みが
【480名】を超えました。

 

最初のセミナーは福岡!
各地で美味しいものも食べたいですね。

 

 

それで、、、、

「オーナーコンサル」の条件として、

 

——————————————
複数の収入の柱を持っている
——————————————

 

…ということが上げられます。

 

北野の場合であれば、

——————————————
1.月額制の継続課金型サービス
「コンサルタントラボラトリー」

2.高額の最上位サービス
「マスターマインド」

3.ジョイントベンチャー、
コラボによる各種プロジェクト
(スピリチュアルコーチ養成講座
やWウェビナー実践講座、
No.1コミュニティスターなど)

4.オンライン講座やDVD販売

5.スマートフォン集客の
コンサルティング
(取締役を勤める株式会社
リアルネットで行っています)

6.単品リピート通販
(スキンケア商品の通販です)

7.アフィリエイトなどの広告収入
——————————————

…といった収入の柱があります。

 

また、これ以外にも、幾つかの
複数のビジネスを立ち上げよう
としています。

 

それで、、、、

今、「新しいビジネス」を
立ち上げるときに意識しているのは

 

===============
【ストック型ビジネス】
===============

 

これですね、出来る限り、
「ストック型のビジネス」を
立ち上げることを意識しています。

 

ストック型の反対が「フロー型」です。

フロー型というのは、単発型の
ビジネスです。

 

セミナーをやる、コンサルをやる、
というのはフロー型のビジネスです。

 

一方、ストック型は文字通り、
「ストック=貯まる」という
ビジネスです。

どんどん売上げが積み上がっていく
タイプのビジネスです。

 

毎月、月額でお金が入ってくる
会員制ビジネスや広告収入モデル、
リピーターがどんどん増えていく
単品リピート通販など、、、、

それらのビジネスは、
この「ストック型」になります。

 

===============
■フロー型:1回限り、単発、
労働集約型、狩猟型

■ストック型:継続的、売上げが
積み重なる、自動化・半自動化、農耕型
===============

 

こんな違いがあります。

 

ビジネスを大きくしていく際、
大切なのは、

 

「フロー型からストック型に
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
切り替えていく」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これです、これ、めちゃくちゃ
重要です。

 

フロー型は、時間的・物理的な限界が
あります。それを超えていくには、

 

「ストック型ビジネス」の柱を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いくつ作って行くか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これなんですよね。

 

大坪さんと行う「オーナーコンサル」も、
最終的に年商1億円を突破するためには
この「ストック型ビジネス」を
いかに作っていくか?ということが
キーになってきます。

 

とにかく、
「いつかはストック型」です。

 

これからビジネスを始める方も

「いつかはストック型ビジネスへ」
ということを頭の片隅においておいて
くださいね。

 

では、また。
今日は、これから東京へ戻ります。

 

北野哲正
(香川県高松市のオフィスにて)

The following two tabs change content below.

北野 哲正

最新記事 by 北野 哲正 (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中