ブログ:【コラボ最終話】行き着くところは、、、、

Pocket

北野です、Business man looking at bright light bulb in the wall

このところ、「コラボ」について
書いてきましたが、今日が最終話。

 

最終話は「究極のコラボレーション」
というテーマで書いていきます。

 

究極のコラボレーション、、、、

 

それは、、、、、


===============
一緒に会社を作ること!!!
===============

 

ここに行き着くのかな、と思っています。

 

北野の場合は、
「スマホコンサルタント養成講座」の
第1期の期間中にパートナーの
松本さんの会社(リアルネット)の
取締役になりました。

 

第2期以降は、株式会社リアルネット
として行い、その後も松本さんとは
様々なコラボを行いました。

 

正確にはコラボ、というよりも
会社として事業として行っている
わけです。

 

こうなると、本当にがっちり組んで
行うわけですし、簡単に解散したり、
途中で辞めたり、終了させたり
することは出来なくなります。

 

「ちょっと気が合わないから、
やめる・・・」

・・・なんてことは出来なくなります。

 

会社にすることで真剣度が
変わってくるわけです。

 

逆に言えば、それだけ信頼して
気があっていないと出来ないわけ
ですが・・・。

 

ちなみに、同じくリアルネットの
取締役である小島幹登さんは、
コラボパートナーであった
佐藤さんとSKナレッジという
会社をやっています。

 

やはり、コラボを突き詰めると
「会社を作る」というところに
行き着いた訳です。

 

その意味では、我々のスタイルは

「かなり真剣に本気でコラボに
取り組んでいる。」

・・・ということになります。

 

それで、、、、

本日の結論なんですが、何も、

「コラボをやるなら会社を作れ!」

ということを言っている訳では
ありません。

 

ただ、最近、どうも安易なコラボや
一過性のコラボが多く、

 

「どうせやるなら真剣に、
本気で、づーっと永続できるような
コラボをやろう!その方が面白い!」

 

・・・という気持ちがあり、
今日の内容になりました。

 

コラボは成功すれば、凄い成果を
生み出します。

 

逆に、、、、失敗すれば、
コラボ相手との人間関係にヒビが
入りかねません。

 

諸刃の剣、の性質があります。

 

だからこそ、

「どうせやるなら真剣に、
本気で、づーっと永続できるような
コラボをやろう!その方が面白い!」

 

・・・いうことで締めたいと思います。

 

さて、、、、、、

 

このところ、この「コラボ」について
書いてきましたが、これで一旦、
コラボについては終了です。

 

明日からは、先日行ってきた
「エーゲ海リトリート」の話や、

今、リアルネットで行っている
「7種類のプロダクトローンチ」に
関する情報を書いて行きます。

 

 

では、また。

 

北野哲正
(東京・麻布十番の自宅マンションにて)

 

The following two tabs change content below.
北野 哲正

北野 哲正

「コンラボ」運営責任者 
株式会社コンサルタントラボラトリー 代表取締役


コーチ・コンサルタント・セラピスト・士業・整体士などのサロン系ビジネスなどの独立・起業・集客支援を行う。会員制コミュニティ「コンサルタントラボラトリー」は会員数500名を越え、『一般社団法人日本マーケティングコーチ協会』『一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会』は協会員数600名を越える。また、取締役を勤める株式会社リアルネットでは、スマートフォンマーケティング、通販事業(スキンケア商品)を事業展開している。

北野 哲正

最新記事 by 北野 哲正 (全て見る)

無料オンラインセミナー公開中