また会いたいと思わせる第一印象の作り方 ~第一印象を良くすると、人生はもっとうまく行く

Pocket

 108844585_firstimpression

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

第一印象で失敗してしまったために、あなたの良さを発揮する機会すら得られなかった。。。そんな悔しい思いをしたことはありませんか?

 緊張してうまく話せなかったり、良い印象を与えようとして明るく振舞いすぎて空回りしてしまったり、実力があるところを見せようとして話を盛りすぎてしまったりして、その後の人間関係につながらなかった。。。そんな失敗談を持つ人も多いのではないでしょうか。

  初対面の時はとかく緊張して、思った通りにはことが運ばないものですが、経験、知識、スキル、人柄、等々、あなたのよいところを相手に知ってもらうために最初に乗り越えなければいけないハードル、それが第一印象です

  では、人はなぜ大事な「第一印象」で失敗してしまうのでしょうか?
それはずばり、「やるべきことをやらず、やらなくていいところで頑張りすぎるから」 です。

  第一印象は、相手のあなたに対する印象の積み重ね。ほんの短い間に、いくつかの段階を経て固まっていきます。
ですからその段階ごとのポイントを押さえてしっかりと準備をすれば、第一印象は劇的に変えることができるのです。

 この記事では、第一印象が出来上がっていく段階ごとのポイントを押さえながら、「また会いたい」と思わせる「印象力」を上げる方法を紹介していきます。

 あなたも出会いを次のチャンスにつなげるために、第一印象アップに取り組んでみませんか。

-目 次-
1. 第一印象で絶対押さえておきたい「メラビアンの法則」 ~3つのV
2. 第一印象はどうやって決まる?
3. コンマ〇秒の勝負を決めるのは「身だしなみ」
4. 魅了か幻滅か、「目元」と「口元」で印象を良くする
5. 「声質」よりも「声の張り」が気持ちを掴む
6. 立ち姿・歩く姿でエネルギーを伝える
7. なくて七クセ~悪い印象を与えがちなよくある「クセ」をチェック
8. ポジティブなオーラを纏うためのエネルギーチャージ
9. 「また会いたい」と思わせるコミュニケーションのコツ

1.  第一印象で絶対押さえておきたい「メラビアンの法則」 ~3つのV

第一印象を決める「要素」を教えてくれるのが「メラビアンの法則」。
アメリカの心理学者であるロバート・メラビアンによって提唱された法則で、感情や態度(好意や反感等)のコミュニケーションの際に相手に影響を与えるのは、

言語情報(Verbal:7%):話の内容、言葉そのものの意味
聴覚情報(Vocal:38%):声の質・速さ・大きさ・口調
視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線  
・・・という割合である、というものです。

Verbal, Vocal, Visualの頭文字をとって「3Vの法則」とも呼ばれていて、コミュニケーションの際にこの「3つのV」(Verbal・Vocal・Visual)を一致させると、メッセージはあなたの意図通り、より正しく、強く伝わるようになります

 この法則から、まず第一印象を良くするためにはこの3つの要素を押さえなければならないこと、そしてVisual(視覚)、Vocal(聴覚)といった「言語以外」の情報のインパクトが思いのほか大きいことがわかります。

 2.  第一印象はどうやって決まる?

第一印象は、ほんの短い時間で決まるといわれています。その時間には諸説ありますが、10秒、7秒、3秒、0.5秒…短いものでは0.1秒という説も。 最初に出会って挨拶が終わるころまでには、相手のあなたに対する第一印象ができ上がっているということですね。

 この短い時間に相手の中では何が起こっているのでしょうか?

 まずは出会った瞬間のコンマ〇秒。
このほんの一瞬の間に、相手の脳は、あなたについて「好ましい」か「好ましくない」かという分類をします

「好ましい」に分類されれば、相手の脳はあなたに関する情報を積極的に集め、あなたについて考えようとします。すなわち興味をもってもらえた状態です。

 が、「好ましくない」に分類されてしまうと、相手の脳のあなたに関する情報を処理するパフォーマンスは格段に下がってしまいます。つまり、あなたが一生懸命話をしても相手には響かないという残念な状態になってしまうのです。

 そして次の数秒間。
相手は引き続きあなたに関する情報を受け取りつつ、最初の印象を再検討しています。ここで押さえておきたいのが、心理学でいう「初頭効果」と「確証バイアス」。

 「初頭効果」は初めに触れた情報により強く影響を受けるという習性のこと、そして「確証バイアス」とは、最初の印象を確かめる情報だけを探し集め、それに反する情報は無視するという傾向のことです。

 つまり、好意を持った相手の場合は良いことが目につき、最初の印象が悪かった相手は悪いことが目につく、その結果最初に受けた印象が相手の中でますます強まっていく、ということが起こります。第一印象を後から覆すことは難しいというのは心理学的にも説明のつくことなのです。

 出会いを次につなげるためには、この最初の数秒間をクリアしなければなりません
以下の章では、そのポイントを段階別に見ていきます。

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

 3.  コンマ〇秒の勝負を決めるのは見た目「身だしなみ」

相手が最初に接する情報は「視覚情報」、つまり「ぱっと見」の見た目です。
ぱっと見に関していえば、印象を良くするためにその場でできることはほとんどありません。すべては事前の準備にかかっています

 第一印象の見た目を良くしようとすると、「おしゃれ」をしなければならないと考えてしまいがちですが、まず始めに取り組むべきはマイナスの要素を徹底的に取り除くこと、つまり「身だしなみ」です
ここで、第一印象を左右するあなたの身だしなみをチェックしてみましょう。

  髪の毛
  □ 寝癖がついていませんか
  □ 髪の毛が傷んでいませんか
  □ 染めた髪の毛が伸びてプリンや富士山になっていませんか
  □ 動いたときに額や顔に髪がかかりませんか

 
  □ 眉毛は整っていますか
  □ 髭のそり残しはありませんか
  □ 鼻毛は出ていませんか

  手・爪
  □ 爪は整っていますか
  □ 爪は清潔ですか
  □ 貼りっぱなしのバンソウコウが黒ずんでいたりしませんか

  洋服
  □ サイズは体にあっていますか
  □ デザインが古臭くなっていませんか
  □ 洋服にはアイロンがかかっていますか
  □ しみがついていませんか
  □ 取れそうなボタンや裾のほつれなどはありませんか
  □ 襟や袖口が擦り切れていたりしませんか
  □ 靴のかかとがすり減っていませんか
  □  靴は磨いてありますか

 持ち物
  □ ハンカチにはアイロンがかかっていますか
  □ メガネが汚れていませんか

 いかがでしたか。
どれも、ごく当たり前のことばかりです。けれど、全部をクリアできていたという人は意外と少ないのではないでしょうか。

 身だしなみのキーワードは「清潔感」です。といっても、ただ清潔にするだけでは「清潔感」は出ないのが難しいところ。ポイントは「よく手入れをされている感」があるかどうかです。

中でも、男性が見落としがちなのが眉毛。ぼさぼさの眉毛はもっさりした印象を与えます。伸びっぱなしの眉を少しカットする、眉毛の流れを整えるなど、ほんの少し手間をかけるだけで顔の印象は大きく変わります。眉の整え方を紹介した動画などもありますので、検索して参考にしてみてください。

また、洋服に関しては、一番大切なのはサイズが体に合っていること。どんなブランド物のスーツであっても、サイズが合っていなかったら一度にだらしない印象になってしまいます。特に、久しぶりに着る服は要注意。体に合っているかどうか、鏡の前でよくチェックしてみましょう。

 そして、身だしなみでもう一つ大切なキーワードは、「徹底的に」ということです

ここで挙げた一つ一つは些細な事に思えるかもしれませんが、それらが積み重なることで、全体の印象は大きく変わります。「こんなことまで?」と思うこともあるかもしれませんが、それは見方を変えればこれまでノーチェックだったということ。この機会に、自分の身だしなみを徹底的にチェックしてみましょう。

 ここまでやると、あなたのコンマ〇秒の第一印象はかなりすっきりしたものに変わっているはずです。そして、身だしなみに関してやるべきことはすべてやった、という自信と心の余裕も生まれているのではないでしょうか。

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

 4.  魅了か幻滅か、「目元」と「口元」で印象を良くする

身だしなみで第一関門をクリアしたら次は表情です。これも第一印象を良くする際にインパクトがとても大きい要因。

「できる男」と「ふつうの人」の差は、表情に現れます。表情を見ると、話をしなくても相手の状態がわかってしまうという経験のある人も多いのではないでしょうか。
これもセルフチェックしてみましょう。

  目元
 □ 目に力がある
 □  相手の目をまっすぐに見ている
 □  目に「会えて嬉しい」という気持ちを込められる
 □  視線が彷徨ったり泳いだりすることはない

  口元
 □   黙っているときは口は閉じている
 □   口角が上がっている

  笑顔
 □   気持ちの良い笑顔、心からの笑顔に自信がある

 「目は心の窓」という言葉がありますが、目は相手に対する気持ちや自分の持つエネルギーをストレートに伝えます。第一印象を良くする決め手は「目の印象」と言っても過言ではありません

 また、生き生きとした表情も重要なポイント。表情は、表情筋によって作られます。特に意識すべきは口の周りの筋肉

黙っているときは口をきちんと閉じる、話すときは口の周りの筋肉をしっかりと動かしながら話す、人の話を聞くときは口角を上げるなど、少し口元の表情に意識を向けることで、第一印象は大きく変わります。

 そして、第一印象を良くするための最強の武器は、やはり「笑顔」です。
相手に好印象を残すのは、「はっきりとした」「心からの」笑顔。ぎこちない笑顔や作り笑いの笑顔は、「自信がない」「わざとらしい」「慇懃無礼」などの印象を与えて逆効果になってしまうこともあります。

 さて、表情の印象を変えるためには、少し練習が必要になります。
表情筋のエクササイズの動画などもありますので、自分に合いそうなものを探してみてください。

 とはいっても、難しいものではありません。1日5分程度、テレビを見ながらでもできるような簡単なものですが、3日くらいやっていると、それだけで顔の筋肉の動きが変わってくることを実感できます。簡単で意外と速効性がある表情筋エクササイズ。これで第一印象を変えられるなら、やってみない手はありませんね。 

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

5.  「声質」よりも「声の張り」が気持ちを掴む

さて、身だしなみと表情をクリアしたら、次は気持ちの良い挨拶です。
声と話し方のチェックポイントには次のようなものがあります。

 □   おなかから声を出している
 □   声に張りがある
 □   話すときは口をはっきり動かしている
 □   聞き取りやすい大きさの声で話している
 □  かんじの良い声で話ができる
 □   聞きやすい速さを心がけている
 □   はきはきとした挨拶ができる

 声は生まれつきのものではありますが、その強弱、高低、話す速さ等によって同じ人の声とは思えないほど印象が変わります。小さい声、こもった声、絞り出すような声などは、相手に良い印象を与えるものではありません。

口をはっきりと動かしながら、おなかから声を出すようにすると、張りのある感じの良い声で話すことができます。これも、挨拶や名前を名乗る練習をしておくことで、無理なく自然に良い声が出せるようになります。 

6.  立ち姿・歩く姿でエネルギーを伝える

第一印象が決まるのは、顔を合わせた時とは限りません。実際に会場に入る前でも、例えば遠くから歩いてくる姿や、出番を待っている時の立ち方、座り方等で第一印象が決まる可能性は十分にあります
立ち姿や歩き方の印象を良くするポイントをチェックしてみましょう。

 □   背筋が伸びている
 □   まっすぐに立っている
 □   重心は左右の真ん中に置いている
 □   立っているときに重心がぶれない
 □   背筋を伸ばして歩いている
 □   少し広めの歩幅で歩いている

 立つときは、背筋を伸ばして重心を左右の真ん中に置くように意識しましょう。重心がぶれると、何かに寄りかかりたがっているような疲れた印象になってしまいます。

 歩くときは良い姿勢で、少し広めの歩幅で歩くことで、元気の良い、やる気にあふれた印象を与えることができます。反対に歩幅が小さいと、とぼとぼとした元気のない、老けた印象を与えます。男性なら60センチ、女性は55センチ程度の歩幅を意識して歩いてみましょう。

これも、普段からの心がけが必要です。良い姿勢を日ごろから意識しておきましょう。 

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

 7.  なくて七クセ  ~悪い印象を与えがちなよくある「クセ」をチェック

「なくて七癖」といって、人間なら誰もが気づかずについやってしまう「クセ」を持っています。が、下のようなクセや動作は、自信のなさや、不都合なことをごまかそうとしているサインと受け取られてしまうため注意が必要です
悪い印象を与えがちな癖には、次のようなものがあります。

 ■ 爪を噛む
 ■ 舌打ちをする
 ■ 髪を頻繁にいじる
 ■ 貧乏ゆすり
 ■ 腕組み
 ■ ネガティブな口癖
 ■ まばたきの回数が多い
 ■ 鼻・耳などを触る
 ■ 鼻をすする
 ■ 口を手で隠す
 ■ 目をこする
 ■ アタマに手をやる
 ■ 唇をなめる・唇をかむ
 ■ 視線がさまよう
 ■ 視線をそらす
 ■ 上目使い          等

 とはいえ、自分のクセは自分ではなかなかわからないもの。印象を良くするために、家族、友人といった身近な人に協力してもらって、まずは自分のクセを知ることから始めてください。 

8.  ポジティブなオーラを纏うためのエネルギーチャージ

身だしなみや姿勢、表情のほかにも、あなたの自信やエネルギーのレベルは雰囲気として相手に伝わっています

初対面の人と会うときには、できればポジティブで前向きな雰囲気を纏っておきたいもの。そのためには、事前に心のエネルギーチャージをしておくことをおすすめします

体調が万全であることはもちろんですが、それに加えて心のエネルギーが高ければ、姿勢や態度にそれが自然に表れます

 反対に心のエネルギーレベルが落ちていると、期せずしてどんよりとしたオーラを発してしまうことも。自分の状態をベストにするために、心にエネルギーをチャージして気持ちをポジティブにしておきましょう。

 心にエネルギーをチャージする手っ取り早い方法は、例えば以下のようなものがあります。
     〇誰かに褒めてもらう
     〇自分の良いところを思い出す
     〇最近あった「良いこと」を思い出す

こんな簡単なこと?と思うかもしれませんが、効果は抜群です。ぜひ試してみてください。

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

 9. 「また会いたい」と思わせるコミュニケーションのコツ

さて、ここまでの項目をクリアできたら、もう「見た目」の第一印象があなたを邪魔することはないはず。

ここからが、いよいよ中身で勝負のステージです。あなたの良さを存分に発揮したいところですが、初対面でいきなりパワー全開では、ちょっと引かれてしまうかもしれません。関係性を次につなげたいなら、相手に「感じのいい人だった」「また会いたい」「もっと話を聞いてみたい」という印象を残すことが肝心です

ここからは、また会いたい人になるための、熱すぎず冷た過ぎない「ほどよい温度感」のコミュニケーションのコツを紹介します。

(1)  「聞く:話す」=「7:3」がベスト

絶対NGなのは、自分の話を一方的に喋りまくること。たとえ相手に聞いてもらいたいことが山ほどあったとしても、一方的に話されて良い気持ちのする人はいません。相手の頭の中はどうやって話を切り上げるかでいっぱいになり、もう会いたくない人に分類されてしまうでしょう。

かと言って、相手の話を聞いてばかりでは、あなたの印象は「退屈な人」または「印象の薄い人」で終わってしまい、積極的に「また会いたい」と思ってもらえる可能性は低くなります。

 初対面の会話で理想的なのは、「聞く」と「話す」の割合が「7:3」になること。

基本的に、人は自分のことを話すのが好きなもの。あなたのことを話すよりも、相手に「気持ちよく話せた」「気持ちよく聞いてもらった」と感じてもらうことを優先しましょう

また、いつまでもだらだらと話しこんでしまうのも避けたいところです。聞き上手になって会話のキャッチボールをしながら、相手に気持ちよく話をしてもらい、もう少し話したいくらいのところで潔く話を切り上げることが好印象を残すためのコツです。

 (2)  聞き上手の秘訣は「承認」

会話をしていく中で、相手に「気持ちよく話せた」と感じてもらうためのコツは、承認です。

承認とは、簡単に言えば「相手を認め、尊重する」ということ。人はもともと「承認されたい」という欲求を持っているため、自分を認めて受け入れ、尊重してくれる人には好感を抱きます

 承認と聞くと、「ああ、褒めるってことか」と思われる方もいるかもしれません。

確かに褒めるのも承認の一種なのですが、褒めるというのは何かを「したこと」に対する承認。良いところを見つけて褒めることはもちろん会話の糸口としてとても有効ですが、あまりやりすぎると不自然で、かえって相手に居心地の悪い思いをさせてしまうことにもなりかねません。

 ここでお勧めしたい「承認」は、相手の存在そのものを認めて尊重する、「存在承認」というもの

相手を評価したり否定したりすることなく、受け入れて大切にする。そしてそれを相手に伝えるのです。。というと難しそうに聞こえるかもしれませんが、その方法はシンプルです。
以下に存在承認の具体的な方法をいくつか紹介します。

〇 相手の名前を呼ぶ
〇 相手の目を見て話す、聴く
〇 うなずく、・相づちを打つ
〇 「でも」「けど」などの否定的な言葉を使わない

 名前を呼ばれるということは、名前をきちんとおぼえてくれたということです。それによって、ほかの人とは区別して自分という存在を受け入れてくれたという特別感が生まれます。また、話をしっかり聞いてくれる、自分の話を受けとめてくれる、と感じられるコミュニケーションは、日常の中でもありそうで実はなかなかないもの。

どれも拍子抜けするほど簡単なことですが、相手に対しては大きな効果を生みます。

 (3)  「親近効果」を使って最後にダメ押し

別れ際の一言も重要です。人は最後に受け取った情報に強い影響を受ける傾向があります。(これを心理学では「親近効果」といいます。)

つまり、最後に「会えて嬉しかった」という気持ちをきちんと伝えることで、さらに良い印象を残すことができるのです

そして、ここでもう一度思い出してほしいのが「メラビアンの法則」。「3つのV」(Verbal・Vocal・Visual)を一致させることで、メッセージはあなたの意図通り、より正しく、強く伝わるようになるのでしたね。

口では「嬉しかった」と言いながら、視線は別の方向を見ていたり、表情が固かったりしたらこれまでの努力は水の泡です。

「お会いできて嬉しかったです」と言うときは、相手の目を見て、とっておきの笑顔をお忘れなく。

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

 10. まとめ

いかがでしたか。第一印象を良くするためにできることは、意外とたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

見た目を決める「身だしなみ」、相手の心をつかむ「目元」と「口元」、「声の張り」そして「歩き方」や「立ち姿」など、その一つ一つは、簡単なことの積み重ね。そしてどれも、短期間で効果が出ることばかりです

 出会いを次のチャンスへとつなげ、豊かな人間関係を生み出すことが、ビジネスでもプライベートでも成功を引き寄せるカギとなります。

 第一印象をあなたの強みに変えるために、できることから始めてみてください。

⇒PDF無料プレゼント「これだけで第一印象が5倍良くなる!見だしなみチェックリスト」

The following two tabs change content below.
福田あかね

福田あかね

ブレイクスルーコーチ&チャレンジ脳育成トレーナー
津田塾大学卒/米国テキサス大学オースティン校経営大学院卒
大学卒業後、証券会社、PR会社、留学等を経て外資系銀行の広報部にて広報業務全般に従事するが、家庭の事情により離職し、9年間専業主婦生活を送る。東日本大震災をきっかけに、NPOで震災復興支援業務に携わるとともにコーチングを学び始め、現在はブレイクスルーコーチとして主に起業家支援、集客支援を行う。また、アクティブ・ブレイン協会認定講師としても活動中。主に仙台でセミナーを開催し、自信を持って何にでもチャレンジできる「チャレンジ脳」育成に取り組んでいる。仙台在住。二児の母。
コンラボには2016年よりライターとして参画。これまでの幅広い経験をもとに様々な分野の情報提供を行っている。

無料オンラインセミナー公開中