世界一簡単なモチベーションの上げ方 〜5分で手間なく効果大!〜

Pocket

image01

PDF無料プレゼント「毎朝1分でモチベーション直結!自分への一言質問 for 31Days」

仕事、スポーツ、勉強、ダイエット、家事・・・、何をするにもモチベーション高く臨みたいですよね。しかし、モチベーションとは厄介なもので、上げるのが難しい上に、一旦上がっても、すぐにまた下がってしまいます。その度にモチベーションと格闘していては、時間の無駄というもの。

そこで、この記事では、そんな悩めるあなたの発想を180度転換。世界一簡単で、何の準備もいらず、即効果のあるモチベーションの上げ方をお伝えします。究極を言うと・・・モチベーションとは「上げる」ものではないのです。では、早速ご覧ください!

-目 次-
1、やり始めることでモチベーションが上がる
2、よりスムーズにモチベーションに繋げる2つのコツ

1、やり始めることでモチベーションが上がる

まずいきなり、結論からお伝えしましょう。
仕事でも、スポーツでも、勉強でも、家事でも何でも構いません。あなたがモチベーションが上がらずに困っている目の前のタスクを解決するために、筆者がお伝えするモチベーションの上げ方とは、

5分で良いから、やり始める!

という方法です。場合によっては、3分でも1分でもOK。もちろん、どんなに渋々でも構いません。

実は、人間の脳には「作業興奮」という仕組みが備わっていると言われています。「一旦物事をやりだすと、どんどんやる気が出てくる」という作用です。

あなたにもこんな経験がありませんか?

  • ●気になっていながら、なかなか片付けていなかった引き出しの中。一旦やり始めたら、とことん整理してしまった。
  • ●毎日の習慣にしたいストレッチ運動。眠くて面倒だったが、足だけでも…と思って手をつけたら、結局、肩・首・腕までやっていた。

Etc.

おそらく、誰にでもこのような経験があるはずです。

つまり、とことんハードルを下げてでも、とりあえず取り掛かることがまず肝要で、モチベーションは後から付いてくる、という理解になります。ここが発想の一大転換です。

「モチベーションを上げてから行動する」のではない。「行動するからモチベーションが上がる」のだ。

そもそも、モチベーションとは「上げる」ものではありません。正しくは「上がる」もの。日頃からそう考えておけば、モチベーションと無駄に格闘することもありませんよね。

「まずは5分でも、1つだけでも、やってみる!」

モチベーションの上がらない時は、これを思い出し、まずはアレコレ考えず手をつけてみましょう。きっと、モチベーションアップの本を読むより、セミナーに出席するより、作業空間などの環境を整えるより、何よりも簡単に時間もかけず、モチベーションにつながるはずです。

PDF無料プレゼント「毎朝1分でモチベーション直結!自分への一言質問 for 31Days」

2、よりスムーズにモチベーションに繋げる2つのコツ

では、「まずやってみる!」というそのタイミングで、よりスムーズに取りかかることができ、効果にもつながるコツが2点あります。

  • ●タイマーなどで実際に5分計ってみること
  • ●“敗者復活OK”の心構えでいること

 

2−1、コツ①:タイマーなどで実際に5分計ってみること

まず、タイマーですが、最近ではスマホや携帯に機能として備わっていることも多いので、準備は難しくないはずです。それらを使って、実際に5分をセットし、スタートボタンを押しましょう。

人は、カウントが始まると、どうにも動かざるを得ない気になるものです。また、「これが鳴るまでの短い時間なら頑張ってみるか…」という具体的なイメージが湧き、ヤル気スイッチを入れる役目も果たしてくれます。ぜひ、タイマーを活用し、その5分だけは集中するつもりで、目の前のことに取り組んでみてくださいね。

その上で、5分間集中して取り組んでも、どうしても気持ちが乗らなかったものは、そのタイミングでは潔くやめておくと良いでしょう。それ以上やっても効率は上がりませんし、他のことにまでダラダラムードが波及する原因になってしまいます。思い切って切り替えて、別の集中できることに手をつけたほうが効果的です。

2−2、コツ②:“敗者復活OK”の心構えでいること

ただ、一旦作業を取りやめたり、別のタスクに切り替えたりしたとしても、この点だけは忘れないでください。コツの2点目、

●“敗者復活OK”の心構えでいること

です。要は、「5分やってみて気持ちの乗らなかった作業にも、また別の機会にチャンスを与える」という考え方になります。

多くの人は、一旦やってみてダメだったものは、それで諦めてしまいがちです。しかし、そのタイミングではうまくいかなかっただけで、別のタイミングでは気持ち良くできる、ということも十分あり得ます。ですので、一度の失敗で諦めず、後ほどまた「5分だけ」のつもりでやってみましょう。

何事も「続けられる人」というのは、一旦ダメでも「またやればいいや」と、もう一度やり始め、敗者復活を繰り返すうちに習慣となり、モチベーションに左右されない状態へと進んでいくものなのです。一度も挫折せずに続けている人はほとんどいませんので、安心して「5分だけ」の再チャレンジを何度でもやってください。繰り返しになりますが、「行動するからモチベーションが上がる」のです。

PDF無料プレゼント「毎朝1分でモチベーション直結!自分への一言質問 for 31Days」

3、まとめ

以上、いかがでしたか?

  • ●まずは5分やってみる!
  • ●モチベーションは上げるものでなく(行動するから)上がるもの
  • ●タイマーを活用
  • ●一旦ダメでも諦めず、“敗者復活”を繰り返すことで習慣へ!

 

あなたもぜひ、まず何か一つのことについて、これらの点を意識し、実践してみてください。きっと効果を感じられるはずです。そして、それを繰り返し経験していけば、モチベーションの悩みとは無縁の日々があなたを待っていることでしょう。

<あわせて読みたい!必読の関連記事>

モチベーションは不要!「上がらない・維持できない」からの脱却法
究極の目標の立て方&仕事術 〜雑務を削ぎ目標を追求するには〜
成功マインドセットのやり方とは。常に1ランク上を選べる人になる方法

PDF無料プレゼント「毎朝1分でモチベーション直結!自分への一言質問 for 31Days」

The following two tabs change content below.
鈴木理美

鈴木理美

株式会社コンサルタントラボラトリー コピーライティング担当 旅行会社でのコンサルティング営業や、金融機関でのFPコンサルティング経験を経て、2012年より秘書兼カスタマーサポートとして(株)コンサルタントラボラトリーに参画。幼い頃より文章表現を得意としてきたが、現社における業務の中で、代表の北野にコピーライティングの才能を見出され、現在はライター業務をメインとしている

無料オンラインセミナー公開中